お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「物質偏重」

村上宥快むらかみゆうかい 和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

物質偏重

現代は地上界だけに物事を考えられるために、非常に偏見が多いのです。

偏見が多いとは、地上界は物質の現象界であり、様々な修行の材料があり、それゆえに、地上界の生活が、非常に重要な条件の中にあります。

私たちの心は、あの世で90%(九割)という広範囲な働きをしていますが、この世は10%(一割)という働きです。全てのものが、あの世から投影された魂の修行の材料なのです。

それを勝ち得るには、人間の心そのものが、あの世からの投影ですから、投影されたものは現象界の肉体を通して、理解ができるから魂の修行になるのです。

私たちの10%の意識を通して体験するために、厳しい世界なのです。

正法は実践の中に、生きている日々の生活の中に全ては含まれるのです。

仏や光の天使を祀ったものを、拝んだり、経文というものを上げることが、一つの宗教のしきたりになっていますが、私たちは大宇宙という中において生活をしているのです。

あらゆる人の意識、それを代表する、釈迦、イエス、モーゼの心により、地上界とあの世とのつながり、人間が甘受した物事を、全て記憶装置している条件を、仏教では般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)といいます。

般若波羅蜜多とは神の心です。神の心は、意識を網羅した全ての世界であることを、私たちは見聞して初めて、大宇宙の摂理に帰依をすることが、大宇宙の摂理を信ずることができたということです。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。