お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

健康で長生きをしたければ家庭血圧が大切 肩こりの原因 血圧の下がりすぎの場合 上がりすぎの場合 両方あります

やはり家庭血圧を標準に考えないと、血圧を下げすぎだったり、片や下がりきらなかったりするようです。

高血圧の人は、必ず血圧を自宅で測りましょう。

門外漢ですが、そのような症例もあるようです。

下がりすぎた血圧が血行不全を引き起こす

特に家庭血圧と、診察して貰うときの血圧の差が出やすい人は要注意です。

その差がありすぎて、診察して貰うときに上がっていると、お薬も強いのを処方されるようです。

普通、血圧が下がり過ぎれば、めまいを起こしたりフラつき直ぐ分かりますが、そのような反応が出ない人も時々おられます。

それが肩こりの原因

高血圧になると肩こりになる場合が多いですが、下がりすぎた血圧が血行不全を起こして肩こりを引き起こす場合もあります。

何事も中庸が良いです。

どうすれば良いの ?

早朝高血圧を見逃すと、脳血管障害を起こす可能性が高くなります。

起床時の血圧と就寝時の血圧を測りましょう

できれば血圧手帳を作り、日々付けるのが理想です。血圧手帳は、かかられてるクリニックや薬局に置いてあります。

診て頂いている先生が血圧に関心が少ない先生なら、他の先生を探すのも必要ではないでしょうか。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。