母指CM関節症のトリマー30歳代女性 何件も整形外科を受診されるが改善しない厳しい状況の中 来院され治療で指が動くようになり希望を見いだされました

遠方からの来院ありがとうございます。熊本県からお越し下さいました。

2日間の治療日程です。

ご自宅から福岡空港まで移動され信州まつもと空港まで飛行機で、レンタカーにて安房峠を越えて来院されました。

来院までの状態

今年、2019年4月に仕事中にガクッと音がして強い痛みが出始めました。

手を酷使する仕事なので直ちに近くの整形外科を受診されました。腱鞘炎の診断でサポーターと物理療法の治療を受けました。

次ぎに、手や足に詳しいと評判の整形外科を受診されました。母指CM関節症の診断を受けました。若いのに珍しいと言われたそうです。最初、短い装具を作りましたが効果が無いので、長いのも作ったそうです。仕事や痛みで使い分けるように指示されたそうです。

手を使わないように指導され真面目に使わないようにしていたら、ドンドン手が痩せてきてどうしようと悩んでおられました。

最後に、母指CM関節症に詳しい整形外科を受診されました。そこではテーピングの巻き方を習ったそうです。

近くの整骨院へも通院されて治療を受けているそうです。

持病があり、薬や注射が嫌いだそうです。

患者さんのお母さんが当院のブログ記事を見つけ、母指CM関節症に関連するたくさんの記事を読まれたそうで、相談して来院を決意されたそうです。

初検の状態

装具を毎日24時間着けているために関節が硬直しています。信じられません。それほど痛いのでしょう。

右母指CM関節症があり、かばうために左も母指CM関節症になりかけています。右のドケルンバ腱鞘炎です。

de Quervain症候群 – 06. 筋骨格疾患と結合組織疾患 – MSDマニュアル プロフェッショナル版

緑色の場所の腱鞘が炎症を起こす。

装具を着けてトリマーの仕事をされるので、半年間で母指MP関節に変形が出ています。

関連痛の遠位的原因の、仙腸関節の機能異常のテストを股関節の開排運動で行います。右++、左+です。

頚椎の可動性は正常域にあります。しかし、胸椎の動きが同年齢に比べて悪いです。

手首や指の柔軟性は、左手は正常。右手の指が反りません。手首は怖く反れないそうです。

初検の状態

装具を毎日24時間着けているために関節が硬直しています。信じられません。それほど痛いのでしょう。

装具を着けてトリマーの仕事をされるので、半年間で母指MP関節に変形が出ています。

関連痛の遠位的原因の、仙腸関節の機能異常のテストを股関節の開排運動で行います。右++、左+です。

頚椎の可動性はまだ正常域にあります。しかし細かいところで引っかかりがありますから修正が必要になります。

手首や指の柔軟性は、左手は正常。右手の指が反りません。右手首は怖く反れないそうです。

母指CM関節の axial compression などのストレステストは正常で痛みは出ません。外見上の変形も有りません。

元々、母指球筋(親指の手のひら側の筋肉)が弱いタイプのようです。装具を着け続けていたので痩せています。これでは関節を支えることができません。

治療

半年間、固定していた関節の柔軟性を出すきっかけを作り、痛みが出で動かせない恐怖を払拭し、多少痛くても動かすことにより改善する事実を学んで頂きます。

初日

当院規定の母指CM関節症の治療を行います。

治療を終了し、特製サポーターを装着してみます。ハードタイプが合いました。装着して痛みは少なくなっていますが、今までの痛みに対する恐怖で動かせません。

ソフトタイプを就寝時に付けて頂き終了しました。

加圧リハに耐えられない腕

筋肉の反射スピードを上げるために加圧リハビリを行います。そうすると関節負荷が減り痛みが減少します。筋力向上ではありません。

初日に加圧リハビリを行いましたが、年齢から大体の圧設定がありますが、それに耐えることができませんでした。しびれが強くて高齢者の圧設定に下げました。

これは、全く右手を使わないようにしていた弊害が出ています。

2日目

治療前に体の状態を確認します。

サポーターを外して頂くと、母指球筋が盛り上がっています。小指側の小指球筋も同様に盛り上がっています。上出来の効果が出ました。

恐る恐る動かして頂くと、痛みや鈍重感はあるけど動かせますと。今後に希望が持てる感じです。

仙腸関節の機能異常の検査である、股関節の開排運動のテストは右+、左-です。

前日と同じ治療を行います。

治療を終了して、再び股関節の開排運動のテストを行いましたら、引っかかりは全て解消されました。

肩こりも訴えられるので、頚椎の可動性も正常域よりより一層動きが出るようにしました。

加圧リハビリも、昨日と打って変わって正常な反応になりました。若いので悪化していても正しい治療を行うとちゃんと反応します。

実は有名なトリマーの先生

2日目の治療が終わってから話されたのですが、トリマー技術のプラッキングやストリッピングの技術では日本でトップクラスの人でした。

コンクールに備えてワンコだけ飛行機で来て面倒もみるそうです。患者さんも大変ですがワンコも大変です(笑)

Instagramもフォロワー数は2万人、日本や海外でもトリマー技術の講演されています。

廃業することも一時考えたそうですが、当院のブログ記事をお母さんが見つけられて、相談して来院を決意されたそうです。

これからは、今の痛みをきっかけにして、指や手に負担がかからない道具の開発も必要になると思います。

刃物系統は日本やドイツが良いですが、トリマー関連はどうなのでしょうか?実現されるのが楽しみです。

治療終了して

患者さんも今まで治療を受けても改善しない状態に焦っていましたが、ようやく希望が出できたと喜ばれました。

後は自己リハビリの継続にかかっています。動かしながら治す考えが大切なのです。固定は大切ですが、固定して良いのは基本短期間だけです。

痛み自体はチクチク療法を行えば、良好にコントールできるはずです。

created by Rinker
三和書籍
¥3,043 (2020/09/27 10:22:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
三和書籍
¥1,430 (2020/09/28 04:02:23時点 Amazon調べ-詳細)

後日談

当院特製サポーターを巻かれて仕事をされていましたが、「サポーターを巻く手がパンパンに腫れる」と電話がありました。

考え方として

まず、サポーターで痛みをゼロすることはできません。ゼロしようすれば強く巻くことになりますので手は腫れてしまいます。サポーターは痛いけど仕事ができるようにする役目です。

関節矯正は徐々に行われるので、直ぐ痛みが取れることはありません。

このような返事をさせて頂きました。

すぐ痛みを取りたいのは重々承知していますが、改善するのは根気が要ります。

治療内容

1回で最大限の治療効果を出すために、これだけの治療が必要になります。

  • 母指CM関節自体の抗炎症
  • 外側脊髄視床路への神経促通
  • 関連する脊椎椎間関節や仙腸関節の副運動の可動性回復
  • 新しく開発した腸腰筋治療
  • 骨盤と肋骨の動的可動性の回復と立位体幹軸の修正
  • 患部の悪玉活性酸素除去
  • 患部の血流改善と上肢筋群の筋力向上

独自サポーターの巻き方の習得、自己チクチク法の習得、正しいストレッチの習得

使用する治療法

  • 低周波通電/微弱電気通電
  • チクチク療法(長田式無血刺絡療法)
  • 解剖運動学矯正法
  • 村坂腸腰筋療法(仮)
  • パーマー式カイロプラクティック
  • アクティベーター療法
  • リアライン療法
  • 高濃度人工水素水浴
  • 加圧リハビリ(医療目的加圧トレーニング)

チクチク療法だけ痛みを伴います。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。