iOS13 AssistiveTouch(アシスティブタッチ)機能でBluetoothマウスが使えるようになります!

iPadPro12.9初代を使っています。

ようやく、少しパソコンに近づきました。

MacBookProの買い換えを考えていますが、こうなると、iPadPro12.9の最新型も気になります。

ただ、iOSの日本語変換機能がポンコツなので、まだまだPCに分があります。

もしライブ変換機能が搭載されれば敵無しになります。
iPhone、iPad、iPod touch の自動修正と予測入力の使い方 – Apple サポート

設定方法

有線マウスも接続できます。

ホーム画面
↓ 設定
↓ アクセシビリティ
↓ タッチ
↓ AssistiveTouchをON
↓ デバイスをタップ
 (ここでUSBマウスを接続すると認識します)
↓ Bluetoothデバイスをタップ
Bluetoothマウスをペアリング(マウスのペアリングスイッチをオン)

そうすると丸いポインターが出てきます。

オオーーー!少し感動します。

補助機能なので、矢印ではなくて大きな丸になっています。

有線マウス

有線マウス

無線マウス

無線マウス

マウス

マウスはロジクールのBLUETOOTH MOUSE M557を使っています。

キーポード

色々使ってはみましたが、純正が一番使いやすいです。 iPad用のスマートキーポードは私には使いにくいです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。