お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

USBハブは経年で壊れます、デバイス認識がスパッと反応しないなら壊れかけで要交換です

スイッチングハブも経年で劣化しますが、USBハブも同じく劣化します。

なんとなくUSBの認識が

今年に入ってから USB ハブの接続がうまくいかないことが多いです。

キーボード、スピーカー、テンキーをつないでますので、まあこんなもんだろうとだましだまし使っていました。

テレビ電話が調子悪い

先日、ものくろキャンプという勉強会で、Zoomミーティング – Zoomと言う、何名でも参加が可能でマルチ画面になる会合に出席したのですが、私のマイクが時々音信不通になってしまいます。

抜き差しして事なきを得たのですが、翌週に新しく購入したFILCOのテンキーをつないだらUSBハブが全く反応しなくなりました。

最初、テンキー自体の異常かと思い直接パソコンに繋いだら正常に動きます。

Windowsに接続していたので、再起動の時にBIOSをデフォルトに戻しました。

デバイスマネージャーも、USBの項目を全て削除して、再起動して再読み込みをしましたが全く反応しません。

結局、お昼休みにケーズデンキに走って、新品のUSBハブを購入して繋いだらサクっと認識をしてくれました。

このUSBハブも10年位使っていましたが、やはりだんだん劣化するものだと再認識しました。

USBハブに繋いで認識がおかしい場合、USBデバイス意外にもハブが原因でエラーを起こすということがあると思った方が良いです。

新しく購入

デスクトップで使用するのでAC電源付きです。電源付きが安定しますのでお勧めします。

差し込みがたくさんあると途中から認識しない場合があるので、全部の差し込みが使えるとは思わない方が良いです。

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。