お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

しびれに効くお薬の副作用(めまい)が怖い70代女性、解剖運動学に基づく矯正法・マニュピュレーションで略治しました

70代だと基礎疾患がある可能性が高いので、先ずお医者さんの診察を受けましょう。

お薬の感受性は人様々で、それに合わせるのを匙加減といいます。

万人に合わせられれば名人ですが、そういかないのが実情です。

末梢性神経障害性疼痛のお薬

要するにしびれ効くお薬です。

先発のお薬はリリカでした。

効く人はめちゃくちゃ効くので凄い薬が出たものだと思いました。頚椎ヘルニアのしびれも和らぐ症例もあると伺ったことがあります。

今年にタリージェが発売されました。一般での比較効果のフィードバックはまだ不明と伺っています。

目まいが出て

プレガバリン(リリカ)、ミロガバリン(タリージェ)のお薬は継続して服用しないと効果が出ないそうなので、収まると言われる目まいの副作用も、患者さんにしたら怖い一面もあります。

患者さんはお薬を増量したら目まいが出て、お薬を飲むのが怖くなったそうです。本来、このような場合は、めまいを診てもらった先生や薬局に相談することが第一です。

患者さんは、当院へ来院されました。

頚椎症の疑い

両手の前腕部がしびれます。冷感もあります。

この場合は腰部の仙腸関節からの機能異常を修正します。

今までは頚椎や胸椎の関節の動きのみ着目していましたが、腰部よりの修正をすることにより症状の解消が早くなりました。

治療を終了し翌日、しびれはほとんど消失しました。

このように、しびれが簡単に取れる場合もありますが、通常は10回以上治療が必要になります。

しびれは痛みよりタチが悪いです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。