お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

Made in occupied Japan(占領下の日本製)の刻印 1945年から輸出品へ義務づけ 1952年サンフランシスコ講和条約にて終了

Made in occupied Japan :MIOJ
メイド・イン・オキュパイド・ジャパン

オキュパイド・ジャパン(Occupied Japan)とは、第2次大戦後の「占領下日本」のこと。
民間貿易が再開された1947年から、サンフランシスコ講和条約が発効した52年まで、日本からの輸出品には「MADE IN OCCUPIED JAPAN」の刻印を付けるようGHQ(連合国最高司令官総司令部)から命じられていた。

引用:ニューズウィーク日本版編集部

命令文書

GHQ(連合国最高司令官総司令部)SCAPIN-1535

文書名:Supreme Commander for the Allied Powers Directives to the Japanese Government (SCAPINs) = 対日指令集

SCAPIN-1535: MARKING OF EXPORT ARTICLES 1947/02/20 – 国立国会図書館デジタルコレクション

この法令は1949年12月5日に廃止されました。

多くのカメラメーカーは、1952年まで「占領された日本製」のマーキングを使用し続けていましたが、1952年に日本での占領が正式に終了すると、「日本製」に置き換えることができました。

日本は終戦後占領されていた

やっぱり敗戦したので惨めです。

当時のカメラメーカー、陶磁器メーカー、玩具メーカーはどんな思いで刻印したのでしょうか。

1952年以後は「Made in Japan」になりましたが、こんなことを知っている人も無くなってくると思います。

終戦後、74年目の夏。

credit: Dirk HR Spennemann | Konica I SN# 6011 nº 19 | Konica I SN# 6011 Type As The Koni… | Flickr

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。