お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

股関節及び膝関節の変形性関節症の管理に関するOARSI勧告パートII、温熱・電気刺激・鍼治療への言及があります

OARSI recommendations for the management of hip and knee osteoarthritis, Part II: OARSI evidence-based, expert consensus guidelines(変形性膝関節症の管理に関するOARSI勧告パートII、OARSIによるエビデンスに基づくエキスパートコンセンサスガイドライン)

機械翻訳してみました。小見出しは私が付けました。

表現のおかしいのは手直ししましたが、翻訳品質は保証できません(^_^;

感想として、健康食品やヒアルロン酸注射にも配慮した解説で、ある項目は日本の解説では削除されていました。

出典

OARSI(世界関節症学会)
Osteoarthritis Research Society International (OARSI)

PDFs: part_ii_oarsi_recommendations_for_management_of_hipknee_oa_2007
Part I は方法論であり,推奨はPart II に記載されています。

日本語

エビデンスレベル

高い(Ⅰ)→低い(Ⅳ)
RCT:ランダム化比較試験 – Wikipedia
メタアナリシス – Wikipedia

  • Ia=RCTのメタアナリシス
  • Ib=RCT(ランダム化比較試験)
  • IIa=非無作為化対照比較試験
  • IIb=準実験的研究(非対照比較試験、1 治療群からなる用量反応試験など)
  • III=観察的研究(症例対照試験、コホート研究、横断的研究など)
  • IV=エキスパートの見解

全般 General

1.Optimal management of OA requires a combination of non-pharmacological and pharmacological modalities.

変形性関節症の最適な管理は、非薬理学的および薬理学的モダリティの組合せが必要である。

エビデンスレベル:IV
推奨度:96

非薬物的療法 Non-pharmacological modalities of treatment

教育や自主性

2.All patients with hip and knee OA should be given information access and education about the objectives of treatment and the importance of changes in lifestyle, exercise, pacing of activities, weight reduction, and other measures to unload the damaged joint(s).
The initial focus should be on self-help and patient-driven treatments rather than on passive therapies delivered by health professionals.
Subsequently emphasis should be placed on encouraging adherence to the regimen of non-pharmacological therapy.

股関節および膝関節症のOA患者は全員、治療の目的と生活習慣の変化、運動、活動ペース、減量、および損傷を受けた関節を免荷するためのその他の措置についての情報アクセスと教育を受けるべき。
最初の焦点は、医療専門家によって提供される受動療法ではなく、自助療法と患者主導の治療法にあるべき。
その後、非薬理学的療法の養生法の遵守を奨励することに重点が置かれるべきである。

エビデンスレベル:Ia(教育)
エビデンスレベル:IV(遵守)
推奨度:97

電話での介入

3.The clinical status of patients with hip or knee OA can be improved if patients are contacted regularly by phone.

患者が電話で定期的に連絡を取っていれば、股関節または膝関節症のOA患者の臨床状態は改善する可能性がある。

エビデンスレベル: Ia
推奨度:66

理学療法士の介入

4.Patients with symptomatic hip and knee OA may benefit from referral to a physical therapist for evaluation and instruction in appropriate exercises to reduce pain and improve functional capacity.
This evaluation may result in provision of assistive devices such as canes and walkers, as appropriate.

症候性の股関節および膝OAを有する患者は、痛みを軽減し、機能能力を向上させるために適切な演習で評価と指示のための理学療法士への紹介が有益になる場合がある。
この評価では、必要に応じて、杖や歩行者などの補助器具を用意することがある。

エビデンスレベル:IV
推奨度:89

有酸素運動や筋力強化

5.Patients with hip and knee OA should be encouraged to undertake,and continue to undertake, regular aerobic, muscle strengthening and range of motion exercises.
For patients with symptomatic hip OA, exercises in water can be effective.

股関節や膝関節OA患者には、定期的な有酸素運動、筋力強化訓練および関節可動域訓練を実施し継続を推奨されるべきである。
股関節には水中のエクササイズは有効。

エビデンスレベル: Ia (膝関節)、 IV (股関節)、 Ib (股関節水中)
推奨度:96

肥満の解消

6.Patients with hip and knee OA, who are overweight, should be encouraged to lose weight and maintain their weight at a lower level.

太り過ぎの股関節および膝関節症のOA患者は、体重を減らして体重をより低いレベルに維持するように勧められる。

エビデンスレベル:Ia
推奨度:96

歩行補助具

7.Walking aids can reduce pain in patients with hip and knee OA. Patients should be given instruction in the optimal use of a cane or crutch in the contralateral hand. Frames or wheeled walkers are often preferable for those with bilateral disease.

歩行補助具は、股関節や膝関節OA患者の疼痛を低減する。患者には、対側の手で杖/松葉杖を最適に使用できるよう指示を与えること。両側性の疾患を有する患者には、フレームまたは車輪付き歩行器が望ましい。

エビデンスレベル:IV
推奨度:90

膝関節装具

8.In patients with knee OA and mild/moderate varus or valgus instability, a knee brace can reduce pain, improve stability and diminish the risk of falling.

軽度/中等度の内反または外反がみられる膝関節OA患者において、膝関節装具は、疼痛を緩和し、安定性を改善し、転倒のリスクを低下させる。

エビデンスレベル:Ia
推奨度:76

靴や足底板

9.Every patient with hip or knee OA should receive advice concerning appropriate footwear.
In patients with knee OA insoles can reduce pain and improve ambulation.
Lateral wedged insoles can be of symptomatic benefit for some patients with medial tibio-femoral compartment OA.

股関節や膝関節OA患者には、履物について適切な助言を与えること。
膝関節OA患者では、足底板により疼痛を緩和し、歩行(運動)能力の改善が得られる。
膝関節内顆のOA(medial tibio-femoral compartment OA)を有する患者の一部においては、外側楔状足底板が症状緩和に有効である。

エビデンスレベル:IV(履物)Ia(足底板)
推奨度:77

温熱療法

10.Some thermal modalities may be effective for relieving symptoms in hip and knee OA.

温熱療法は、股関節や膝関節OA患者の疼痛緩和に有効であるかもしれない。

エビデンスレベル:Ia
推奨度:64

電気刺激(TENS)

11.TENS can help with short-term pain control in some patients with hip or knee OA.

経皮的電気神経刺激療法(TENS)は、股関節や膝関節OA患者の一部において短期的な疼痛コントロールの一助となり得る。

エビデンスレベル:Ia
推奨度:58

鍼治療

12.Acupuncturemay be of symptomatic benefit in patientswith kneeOA.

鍼治療は、膝OA患者の対症的に役に立つ可能性がある。

エビデンスレベル: Ia
推奨度:59

薬物療法 Pharmacological modalities of treatment

アセトアミノフェン

13.Acetaminophen (up to 4 g/day) can be an effective initial oral analgesic for treatment of mild to moderate pain in patients with knee or hip OA.
In the absence of an adequate response, or in the presence of severe pain and/or inflammation, alternative pharmacologic therapy should be considered based on relative efficacy and safety, as well as concomitant medications and co-morbidities.

アセトアミノフェン(パラセタモール)(4 g/日以下)は軽症から中等症の股関節や膝OA治療の経口鎮痛剤となりうる。
効果がない場合、または重症な疼痛や炎症が生じた場合は、効果や副作用の種類を考慮して他の薬物理療への変更を考慮すべきである。

エビデンスレベル:Ia (膝関節)、IV (股関節)
推奨度:92

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

14.In patients with symptomatic hip or knee OA, non-steroidal anti-inflammatory
drugs (NSAIDs) should be used at the lowest effective dose but their long-term use should be avoided if possible.
In patients with increased GI risk, either a COX-2 selective agent or a non-selective NSAID with co-prescription of a PPI or misoprostol for gastroprotection may be considered, but NSAIDs, including both non-selective and COX-2 selective agents, should be used with caution in patients with CV risk factors.

症候性の股関節や膝関節OA患者では、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を最小有効用量で使用すべきであるが、長期投与は可能な限り回避する。
消化管障害(GI)リスクの高い患者では選択的COX-2阻害薬または非選択的NSAIDsとともに消化管保護のためプロトンポンプ阻害薬もしくはミソプロストールの併用投与することを考慮する。
ただし、心血管(CV)リスク因子のある患者では、非選択的薬剤か選択的COX-2阻害薬かを問わず、NSAIDsは注意して使用する。

エビデンスレベル:Ia (膝関節)、Ia (股関節)
推奨度:93

外用薬

15.Topical NSAIDs and capsaicin can be effective as adjunctives and alternatives to oral analgesic/anti-inflammatory agents in knee OA.

外用のNSAIDsおよびカプサイシン(トウガラシ抽出物)は、膝関節OA患者における経口鎮痛薬/抗炎症薬への追加または代替薬として有効である。

エビデンスレベル:Ia(NSAIDs)Ia(カプサイシン)
推奨度:85

ステロイド関節内注射

16.IA injections with corticosteroids can be used in the treatment of hip or knee OA, and should be considered particularly when patients have moderate to severe pain not responding satisfactorily to oral analgesic/anti-inflammatory agents and in patients with symptomatic knee OA with effusions or other physical signs of local inflammation.

ステロイド関節内注射は股関節または膝関節のOAの治療に使用することができ、特に患者が経口鎮痛薬/抗炎症薬に十分に反応しない中等度から重度の疼痛を有する場合、及び滲出液または他の局所的な炎症の兆候を伴う症候性膝関節症のOA。

エビデンスレベル:Ib (股関節) 、Ia (膝関節)
推奨度:78

ヒアルロン酸関節内注射

17.Injections of IA hyaluronate may be useful in patients with knee or hip OA.
They are characterised by delayed onset, but prolonged duration,of symptomatic benefit when compared to IA injections of corticosteroids.

ヒアルロン酸関節内注射は股関節や膝関節OA患者において有用な場合があるかもしれない。
ステロイド関節内注射と比較した場合、その作用発現は遅いが、症状緩和作用は長く持続することが特徴である。

エビデンスレベル:Ia (膝関節) 、Ia (股関節)
推奨度:64

グルコサミン、硫酸コンドロイチン

18.Treatment with glucosamine and/or chondroitin sulphate may provide symptomatic benefit in patients with knee OA.
If no response is apparent within 6 months treatment should be discontinued.

グルコサミンおよび/または硫酸コンドロイチンの投与は、膝OA患者に対症療法上の利益をもたらすかもしれない。
6ヶ月以内に反応が見られない場合は、治療を中止する必要がある。

エビデンスレベル:Ia(グルコサミン)Ia(コンドロイチン)
推奨度:63

グルコサミン、硫酸コンドロイチン、ジアセレイン

19.In patients with symptomatic knee OA glucosamine sulphate and chondroitin sulphate may have structure-modifying effects while diacerein may have structure-modifying effects in patients with symptomatic OA of the hip.

症候性膝関節症の患者では、グルコサミン硫酸塩およびコンドロイチン硫酸塩が構造改善作用を有する可能性に対し、ジアセレインは、股関節の症候性OA患者で構造改善作用を有する可能性がある。
免疫調節・抗炎症薬diacerein(ジアセレイン、国内未承認)

エビデンスレベル:Ib (膝関節) 、Ib (股関節)
推奨度:41

オピオイド系鎮痛剤

20.The use of weak opioids and narcotic analgesics can be considered for the treatment of refractory pain in patients with hip or knee OA, where other pharmacological agents have been ineffective, or are contraindicated. Stronger opioids should only be used for the management of severe pain in exceptional circumstances.
Non-pharmacological therapies should be continued in such patients and surgical treatments should be considered.

弱いオピオイドと麻薬鎮痛薬の使用は、他の薬理学的薬剤が効果がない、または禁忌である股関節または膝OA患者における難治性疼痛の治療のために考慮することができる。
より強いオピオイドは、例外的な状況で重度の痛みの管理のためにのみ使用されるべきです.非薬理学的療法は、このような患者で継続されるべきであり、外科的治療を考慮すべきである。

エビデンスレベル:Ia (弱オピオイド) 、IV (強オピオイド)、IV (他)
推奨度:82

外科的療法 Surgical modalities of treatment

関節置換術

21.Patients with hip or knee OA who are not obtaining adequate pain relief and functional improvement from a combination of non-pharmacological and pharmacological treatment should be considered for joint replacement surgery.
Replacement arthroplasties are effective,and cost-effective interventions for patients with significant symptoms,and/or functional limitations associated with a reduced health-related quality of life, despite conservative therapy.

非薬理学的および薬理学的治療の組み合わせから十分な痛みの軽減と機能改善を得ていない股関節または膝OAの患者は、関節置換手術のために考慮されるべきである。
置換関節形成術は、保守的な治療にもかかわらず、重要な症状、および/または健康関連の生活の質の低下に関連する機能的制限を有する患者に対して効果的かつ費用対効果の高い介入である。

エビデンスレベル:III
推奨度: 96

単顆膝関節置換術

22.Unicompartmental knee replacement is effective in patients with knee OA restricted to a single compartment.

単顆膝関節置換術は、膝関節の内または外側どちらかに限定された膝OA患者に有効である。

エビデンスレベル:IIb
推奨度:76

高位脛骨骨切り術

23.Osteotomy and joint preserving surgical procedures should be considered in young adults with symptomatic hip OA, especially in the presence of dysplasia.
For the young and physically active patient with significant symptoms from unicompartmental knee OA, high tibial osteotomy may offer an alternative intervention that delays the need for joint replacement some 10 years.

骨切りおよび関節保存外科処置は、特に異形成の存在下で、症候性股関節OAを有する若年成人において考慮されるべきである。
身体活動性が高く、内側膝OAによる症状が著しい若年患者では、高位脛骨骨切り術の施行により関節置換術の適応を約10年遅らせることができる場合がある。

エビデンスレベル:IIb
推奨度:75

関節洗浄および関節鏡視下デブリードマン

24.The role of joint lavage and arthroscopic debridement in knee OA are controversial. Although some studies have demonstrated shortterm symptom relief, others suggest that improvement in symptoms could be attributable to a placebo effect.

膝関節OAにおける関節洗浄および関節鏡視下デブリドマンの効果は意見が分かれている。いくつかの研究で短期的な症状緩和が示されているが、他の研究では症状緩和はプラセボ効果に起因する可能性があることが示されている。

エビデンスレベル:Ib(洗浄) Ib(デブリドマン)
推奨度:60

関節固定術

25.In patients with OA of the knee, joint fusion can be considered as a salvage procedure when joint replacement has failed.

関節置換術が失敗した膝OA患者では、救済処置として関節固定術を考慮してもよい。

エビデンスレベル: IV
推奨度:69

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。