お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

痛みを治すには、問題のある椎骨の後下方変位を常に考慮し矯正を行うのが秘訣です

カイロプラクティックをしっかり学んだ人へのアドバイスです。

最低、柔道整復師や鍼灸師の学問のレベルは必要になります。

 

椎骨の後下方変位

変位の考え方はバーマー系とします。

フィクセーションが起きている椎骨は、だいたい後下方変位が起きています。

これを治すには、しっかりとした皮膚牽引や関節面に指を当ててるかになります。

回旋転位は二次的な物です。腰や首を捻る矯正は気持ち良いですが、効果は出ていないと考えます。

一つの場合やいくつもの場合や、飛び飛びになっている場合等です。

これが分かると痛みに対しての治療に自信が持てると思います。

 

手技はどうするのか

関節面や変位を勘案すれば、おのずと方法は閃くと思います。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。