お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています・小又「こまた」と読みます

腰部脊柱管狭窄症 痛みで腰が伸びない80歳代後半女性、チクチク療法が奏功した症例

腰部脊柱管狭窄症で治療を行い良好な経過の患者さんです。

手術をしなくて畑仕事もできるし、このままなら無事にあの世に行けると喜ばれています。

ある日痛みで腰が伸びない

朝起きたら腰が痛みで腰が伸びなくなったそうです。

腰を曲げて歩けば痛くないですが、背伸びをすると腰と両方の太ももの裏側に激痛が出ます。

お嫁さんに車に乗せてもらって来院です。

治療

初回は、加圧リハビリと高濃度人工水素水浴を行いましたが変化有りません。

畑仕事も忙しくなるので、早期に解消するために整形外科を受診して頂きました。

整形外科を受診後もあまり変化が無く、整形外科で硬膜外ブロック注射を行いました。

2日間ほど良かったそうですが、再び痛みがひどいと来院されました。

硬膜外ブロック注射で2日間ほど良いなら素晴らしい効果です。

長田式無血刺絡療法=チクチク療法

当院で長田式無血刺絡療法=チクチク療法を行いました。加圧リハビリによる筋反射力向上効果は無効なので実施しません。

その場で背筋が伸び歩きやすくなりました。効果も4.5日間効きます。続けるほどに効果持続期間は伸びます。

患者さんは大変驚かれると共に喜ばれました。

但し、チクチク療法というくらいですのでチクチク痛みを伴います。

21世紀は侵襲性の無い治療が普及させるのが、私たちの役目と思っています。

 

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。