お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

STT関節症の女性バトミントン選手、2回目の治療、STT関節症の痛みは消失しましたがTFCC損傷の疑いがあります

2回目の来院です。愛知県からお越し下さいました。

1回目の治療より1ヶ月経過しています。

1回目の治療

STT関節症 – Google 検索

若いので治療にも良く反応しました。

自己リハビリをしっかり行うように学んで頂きました。

2回目の治療

TFCC損傷の解説
三角線維軟骨複合体損傷 – Wikipedia

1回目と同じ治療を行います。

TFCC損傷には低出力レーザー光線治療を行います。

1回目の治療で学んで頂いた自己リハビリが奏功し、 股関節の開排痛と膝関節痛は消失、アキレス腱切断後の痛みもよくなっています。

結果

STT関節症を発症する時点で、尺側(手首の小指側)にも相当負担がかかっていたと思われます。

ハイアマチュアの選手ですから、その辺りの使用状況はご自身でも分かられています。

過度の運動による関節の消耗なので、今後のトレーニングメニューの見直しが必要になります。短時間で高効率の方法が必要になります。

村坂ゴムバンド足指リハビリをしっかり行って頂くと、下半身強化につながり上半身の負担が減りますが、結果が出るには3ヶ月くらい時間がかかります。

今後、益々活躍して欲しいです。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。