お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

対麻痺患者さん歩行補助装置【ReWalk】普通に歩けるようになった人もあるらしいので未来に期待です

こんな装置を安価に提供して欲しいです。値段が安いことを祈ります。

検索したら日本で販売されていました。

対麻痺

対麻痺(ついまひ、英: paraplegia)とは、四肢麻痺と異なり、両下肢のみの運動麻痺(運動中枢から筋線維までのうちのいずれかの障害によって随意運動ができない状態)がある状態のこと。 特に胸髄以下の脊髄障害および損傷によるものが多い。

対麻痺 – Wikipedia

ReWalk

ReWalk 6.0 – Home

動画

解説
ReWalk is a bionic exoskeleton that enables paraplegics to walk upright and climb stairs.
One user was able to grow muscle tissue in his legs, which he was subsequently able to raise independently.

機械翻訳
ReWalkは、対麻痺患者が直立して階段を登ることを可能にする生体外骨格です。 1人のユーザーは彼の足の筋肉組織を育てることができました、そして、彼はその後独立して育てることができました。

日本販売元:安川電機

ロボットで有名なあの会社です。ビックリしました。

脊髄損傷者用歩行アシスト装置ReWalk|CoCoroe 安川電機の医療・福祉機器情報サイト

このような装置に対して思うこと

私の様な下腿外旋の人は装具を着けると歩行が苦痛を伴います。膝が伸びません。足部を前方に向けると膝が内反します。

片や下腿内旋の人(見た目だったら内また)も、装置を着けると苦痛を伴います。

いつも思いますが、下腿の捻れを勘案しないこのような装置は使用するユーザーに寄り添っていないと思います。

膝関節の屈伸軸(回転)と足関節の屈伸軸(回転)は平行に存在する人は殆ど居ません!

下腿外旋用や内旋用の捻れを補正する装置をオプションで作って欲しいです。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。