お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

高齢化社会に向けて自動車プライバシーガラス設定(リア・バックドア)、無しを選べるようにして欲しい

年齢を重ねると、目が暗くなってきています。

夜間

高齢になると視野が狭くなりますが、夜間の視野が余計に狭くなります。

夜間の運転を止めている人も多いです。

新型はレーダーなどの安全装置で警告をしてくれますが目視したいです。

プライバシーガラスとは

ガラスに色をつけて、室内のプライバシーを保ちます。

プライバシーガラスが邪魔になる

色が付いているために、目視がおろそかになります。

これでは、数々の安全装置が無駄になります。

メーカー様へ

プライバシーガラスの設定で、有り無しを選択できるようにして下さい。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
手技治療においては臨床経験の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。