女性の股関節の痛み(変形性股関節症)は50歳前後から始まり、痛みが有っても最初はレントゲンなどの画像診断で異常が出ないので放置されやすい

女性の変形[股]関節症は、変形性[膝]関節症と並んで国民病とも言えます。

人工骨置換術が標準治療ですが

昨今、痛ければ人工骨に変えるのかポピュラーになりました。

成績も素晴らしいです。

流れとしては、変形性の痛みが出たら痛み止めで抑えて、それがダメになれば手術になりますと。

患者さんは、段々悪くなるのを年月で体感しながら過ごします。

今のような超高齢化社会になりますと、果たしてそれが正解なのかと疑問を呈する先生もいます。

何故、放置するのか

初期段階では、開排痛(股を開く動作)が存在しますが、本人さんは全く気づきません。

多少、股が開きにくい程度に考えています。

これを、単なる体が硬いと思ってヨガなどの柔軟性を高めることに走る人もいます。これが進行を早めてしまう場合があります。

なぜなら、股が開きにくくすることにより、股関節の変形を防いでいるからです。

単に可動性が良くなるほど健康になると考えるのは間違えです。

仙腸関節と腸腰筋の関連

股関節の異常は、骨盤の仙腸関節と骨盤内部の腸腰筋に原因があります。

厄介なことに、腸腰筋は疲労しても痛みを感じないと言われています。

当院の治療は

仙腸関節の解剖運動学矯正法、腸腰筋の治療、になります。

リアラインメソッドで正しい体幹軸を覚えて貰います。

炎症が強い場合は、高濃度人工水素水浴を行います。

自宅での自己リハビリ

自宅での自己リハビリとしては、村坂ゴムバンド足指強化法を行って頂きます。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。