お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

老眼の人は要注意!カメラ式バックミラー(各社)がボヤけて見えにくい場合があるので必ず実車確認してほしい

凄い技術が出てきました。

天候に左右されず鮮明な映像が見られるので、安全の為には素晴らしい技術です。

老眼の日常

私は長距離運転時に、遠くが良く見える単焦点レンズの眼鏡をかけて運転をしています。

遠近両用は、サイドミラーなどへ視線を横にするときに見えづらいです。

これは、多重焦点は仕方ない現象だそうです。

単焦点の眼鏡は、疲れが全然違うので試してみて下さい。

スマート・ルームミラー

デジタルミラー(電子ミラー)とは、デジタルカメラの分類のひとつで、カメラと液晶ディスプレイ(モニター)で鏡(鏡像)のように像をデジタルデータとして映像化するシステム。

引用:スマート・ルームミラー – Wikipedia

デジタルアウターミラー

広い視認エリアと夜間や雨天時のクリアな視界を確保するデジタルアウターミラー

引用:LEXUS ‐ OTHER SAFETY|特徴|ES

このような装置も、同じ現象が出ると思います。

デジタル表示のミラーは

カメラ式バックミラーを試乗して確かめましたが、デジタル表示のミラーは、そこにディスプレイがあることになります。

視点が近くなりますから、単焦点の眼鏡ではボケてしまいます。

遠近両用を着ければ問題無いと思いまして、付け替えても、遠方を見た直ぐに近くを見るとやっぱりボケます。

通常のサイドミラーやバックミラーは、見たい物との距離があるのでボケません。

ナビも同じです

ナビも近いと大変見づらいです。

その辺りは、今回発売されたクラウンは、ナビが手前から奥に移動したので好ましいです。

解説をして頂いたら、視点の移動を少なくするためだそうです。

引用:トヨタ クラウン | デザイン・スタイル | トヨタ自動車WEBサイト

ディスプレイの深度調整が可能になる技術を希望します

もしも、ディスプレイの表示に深度調整が付けばバッチリなんですが、あるのでしょうか?

メーカー様、開発よろしくお願い申し上げます。

表紙引用:トヨタ サポトヨ | 家族みんなのお出かけをサポート サポトヨプラス | トヨタ自動車WEBサイト

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
医療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。