飛騨地方で言われる「すばこ」はTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)のことが多いです

TFCC損傷と聞き慣れない病名です。

手首の外側に強い痛みが出る疾患です。また、再発を繰り返します。

飛騨地方で言われる「すばこ」はこのことを指します。

右手下向き・半月板を強調
右手下向き・半月板を強調

 
Articular Disc が尺骨下端部の半月板です

引用元:{Gray's Anatomy plate|Vertical section through the articulations at the wrist, showing the synovial cavities.}}
左手下向き・冠状断面(前後面の切断面)

引用元:{{Gray’s Anatomy plate|Vertical section through the articulations at the wrist, showing the synovial cavities.}

概略

三角線維軟骨複合体損傷 – Wikipedia

なかなか治りにくい

農作業で力を入れすぎたりすると高齢者でも発病します。

若い人はラケットを使うスポーツ。転倒して手を強く付いてもなります。

ただの捻挫と思ったら

私は治療に難渋するのは尺骨部の半月板損傷と考えています。

それに係わる靱帯の損傷(尺骨三角骨靭帯、尺骨月状骨靭帯、掌側橈尺靭帯、背側橈尺靭帯)もありますが、半月板の損傷が第一原因です。

固定

まず固定装具をしたほうが早く治りますが、意外に、この疾患にかかる人ほど固定装具がつけられない状況の人が多いです。水仕事や作業に邪魔になり付けられない。

固定具の相反する事象は良く体験します。

治療

損傷部位の回復効果の高いマイクロカレント通電を行います。

希望されれば鍼治療が効果的です。極細鍼を使用します。

運動療法を希望されれば、加圧リハビリを行います。

指が硬い人は発病しやすいです。

経過

重いのは3ヶ月は必要になります。

表紙は正常な手首です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。