お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

外反母趾を発病した時の解剖図(筋肉を主体に)

発病した時の筋肉の位置関係を図示します。

私の考え

母趾外転筋(AbH)が働かないからという考えは違うと思います。もともと、弱い人はどうしようもないです。

短母趾屈筋内側頭(FHBM)が働くようになれば相当改善すると思います。

短母趾屈筋外側頭(FHBL)も働くようになれば、土踏まずも再構築できるのではと考えています。

実際の方法

治療より、ゴムバンドを使ったご自身のトレーニングが最適です。

最初は指が全く動きませんが、続けることにより驚くほど改善します。お勧めします。

 

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。