両手・母指CM関節症の60歳代後半女性、治療後にズボンが引き上げられるようになりました

お車で2時間かけて来院されました。

両手の母指CM関節症

CM関節の変形も進んでいます。ヘバーデン結節やブシャール結節も併発しています。

長年、手を酷使した結果です。痛みが出始めて、2.3年経っています。

ハサミを使うとき、ズボンやストッキングを引き上げるときに、強い痛みが出ます。

今までは、ガマンできなくなったら医者で痛み止めの注射をして貰っていました。

当院の治療で母指CM関節症が治った人からのご紹介です。

手の状態

手の前前腕筋の異常緊張がありました。

今後は当院提供の村坂ストレッチ法をしっかり行うことにより、症状改善や再発予防になります。

習得して頂くために練習をしたら、前腕筋に激痛が出ます。これでは使うほど手が壊れていきます。患者さんも、ここにも原因があるのかと驚かれました。

日常生活では、関節面の修正が可能な特製サポーターも使用します。

今回の治療の流れ

チクチク療法(長田式無血刺絡療法)でデルマトーム図に従って刺激をします。

解剖運動学矯正法、パーマー式カイロプラクティック、アクティベーター療法、リアライン療法を使って、関節の動きを修正します。

この患者さんは左の股関節の可動性に問題がありました。左の母指CM関節を最初に発症しています。

仙腸関節への解剖運動学矯正法や腸腰筋修正で回復させます。仙腸関節の動きの修正のみでは不十分です。

開排運動も正常になりました。股関節のFadirf・Fabere(Patrick)テストも正常になりました。

高濃度人工水素水浴にて、体の炎症状態を緩和します。

加圧リハビリ(医療目的加圧トレーニング)にて、腕の筋肉の筋反射スピードを向上させます。

高齢者は筋肉量より、筋反射スピードの向上が大切です。今の筋トレ至上の考えは少し間違っています。

CM関節の関節面の修正が大切

これを行いますと、その場で痛みが減少します。この患者さんも驚かれました。このように使い方のクセを治すことが大切です。

非公開の技術です。

ズボンが上げられて、手も使えるように

治療終了後、痛みのあった動作が全て解消されました。

この患者さんは、股関節の可動性と母指CM関節との関連がありました。

股関節-CM関節の関連性は、たくさんの患者さんに見られるため研究中です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。