お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

人間のフェイルセーフ機能 神経や血管の分岐点で痛みをコントロールしていると考えています(村坂説)

神経や血管の分岐点で痛みをコントロールしていると考えています。

ここには、自律神経の終末も分布しています。

経験上から考える人間のフェイルセーフ機能

人間の細胞は60兆と言われています。

必ず異常を起こさないシステムが存在するはずで、飛行機にあるような二重三重のフェイルセーフ機能があるはずです。

フェイルセーフ – Wikipedia

痛み止めも

痛み止めも血液循環を低下させるので、長期に漫然と使うと益々治りにくくなります。

また交感神経の緊張を引き出します。

患者さんで、痛み止めを飲み続けると体が寒くなると言われる人がいますが本当です。

治療をしてうずく痛みが

治療後、当日に多いのですが、うずくような痛みが出るときがあります。出ない人も多いです。

これは血液循環が一気に改善した証左であり、この現象を鑑みると分岐点でコントロールしていると考えています。

この時に患部の老廃物も流れるので、人によっては熱も出ます。

全身にある分岐点を治療する

患部に関連する分岐点を治療することにより、抜群の効果を出します。

加圧トレーニングを体験したときに

平成14年(2002年)に加圧トレーニングを体験したときに閃いた考えです。

加圧リハビリ村坂法も、この考えの応用です。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。