お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

酒飲んで厳しい糖質制限食を続けると肝臓に凄く負担を掛けます

酒飲んで厳しい糖質制限食を続けると肝臓障害が起きる可能性が上がります。

ざっくり言うと、大量のアルコールを分解するには炭水化物と水が必要になります。

アルコール代謝の流れ

通常量

酵素反応
アセトアルデヒド(毒物)
ミトコンドリアの働きで酢酸に変わり、エネルギー源として体内に送られる。
この過程でNADHが生成される。

大量

酵素反応が追いつかず、MEOSが出てくる。
MEOS(血管や細胞を傷つける活性酵素)は酒の無毒化には必要。
しかしMEOSは肝臓を傷つける。
NADHが多量になると肝臓の糖を作る働きを阻害する。

おつまみは

糖質として

餃子、シュウマイを2.3個、小ぶりなコロッケを1個(糖質として20~30グラム)白米ご飯半膳(75g)くらいです。最初に食べます。

要するに適当に色々食べることです。タンパク質が必要なのは当たり前です。

適量は

純アルコール量が20グラムです。

適正量(ml)=20g(純アルコール量)÷アルコール度数%÷0.8

ビール・・・・500ml
日本酒・・・・1合(180ml)
焼酎・・・・・110ml
ウイスキー(W)・60ml
ワイン・・・・200ml

健康日本21(アルコール)|厚生労働省

上手な飲み方、付き合い方|CSR|サッポロホールディングス

これくらいでは、飲まない方がましと思われる人も多いです。

適量の計算

適量のお酒 – 高精度計算サイト

アルコール度数で適量が変わります。

何事も中庸が大切

アルコールも糖質制限食もほどほどに

日本酒、ビールは

糖質制限ブームの中、嫌われている飲み物ですが、アルコール代謝を考えると素晴らしい飲み物です。

だだし、カロリーが多くなるので、飲み過ぎ注意は変わらないです。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。