お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

HHKB BTキーボード「Bluetoothの接続が切れたり繋がったり」を直す方法:Mac

文字入力が多いなら絶対お勧めするキーボードです。

Happy Hacking Keyboard

Happy Hacking Keyboard | PFU

 

Bluetoothの接続が切れたり繋がったり

電池が新品でも症状が出ます。入力最中に起きたりするので困っていました。

発売直後の2016年に購入しました。一度修理に出しています。

今回も、PFUのサポートに教えて頂きました。


Macの設定の変更で改善する可能性もございますので、以下をお試しください。

システム環境のネットワークより、Bluetooth PANを選択していただき、画面左下の歯車マークをクリックして「サービスを無効にする」をクリックした後に、「適用」ボタンをクリックしてください。

PCの再起動後に、キーボードのDIPスイッチ6をONにしたのちに、再度ペアリングをお試し願います。
キーボードのスイッチの変更は、キーボードの電源がOFFの状態で行ってください。

それでも状況が改善されない場合、キーボードをいったんリセットしてみてください。
キーボードのリセットは以下の手順で行ってください。

  1. キーボードの電源を入れた状態で、Fn+Qキーを同時に押します。
  2. 青いLEDが点滅したら、Fn+Z+Deleteキーを同時に押します。
  3. LEDがオレンジ色に点灯ののちに、消灯(電源断)します。

以上でキーボードのリセットの完了です。

その後、MacのNVRAMリセットをお試しください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204063
Mac の NVRAM をリセットする方法 – Apple(日本)

  1. Macの電源を切る。
  2. 電源を入れる。
  3. 起動音がジャーンと鳴ったら「command + option + P + R」を同時に押す。
  4. キーを同時押ししたまま20秒くらい待つとMacがもう一度再起動し、2回目のジャーンという起動音が鳴るのでキーを離す。

再度ペアリングをお試しください。


以上です。

私キーボードは直りました。頻発した症状は消失しました。

時々、接続と出るのはBluetooth接続の仕様のようです。

ご参考に!

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。