母指CM関節症・発症する危険因子、米国メイヨークリック(Mayo Clinic)の解説より

アメリカを代表する名門病院であるメイヨークリニック(https://www.mayoclinic.org)が、危険因子の解説をしています。

メイヨークリック(Mayo Clinic)の解説

概要

Thumb arthritis – Symptoms and causes – Mayo Clinic

診断と治療

Thumb arthritis – Diagnosis and treatment – Mayo Clinic

母指CM関節症の危険因子

原文を意訳してみました。

  • 性別が女性
  • 年齢は40歳以上
  • 肥満
  • 関節や靱帯の弛緩や、関節が奇形している遺伝的条件
  • 骨折や捻挫などの、親指の関節に負傷した経歴
  • 慢性関節リウマチなどの軟骨の正常な構造および機能を変化させる疾患、変形性関節症は親指関節炎の最も一般的な原因であるが、関節リウマチはCM関節にも影響を及ぼし、通常は他の関節よりも低い割合である
  • 親指の関節に、高いストレスを与える活動や仕事

引用:Thumb arthritis – Symptoms and causes – Mayo Clinic

危険因子と言っても、年齢と使いすぎでした。

女性は元々、全ての関節が緩いのでそれも一因なります。

私は、親指の使い方のクセを追加して掲載して欲しいと考えています。

来院される患者さんには、親指の正しい使い方を教えさせて頂きます。

 
表紙引用:3D4Medical – Award-winning 3D Anatomy and Medical Apps

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。