お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

自分の症状をスマホで検索し、よけいに判断に迷う患者さん

Google検索で、自分の症状を入力し、怖いアドバイスしか出ないと不安がる患者さんがいました。

 

検索も改善に取り組む

「医療や健康に関連する検索結果の改善について」 
2017年12月6日水曜日

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 医療や健康に関連する検索結果の改善について

今までは症状から検索すると、リンクに飛んで健康食品のページに行きましたが無くなっています。

オカルト健康法、オカルト医学も遠く彼方にいってしまいました。ありがたいです。

癌の免疫療法は、依然として上位にいますが、困ったものです。

 

検索は便利ですが

検索でいろんなことが調べられます。

今の患者さんが抱える症状に対する答えが、正解と不正解か有ります。

腰椎椎間板ヘルニアは、最終ゴールは手術になりますから、その宣伝が最初に出てきます。

手術が必要な場合もそんなにあるわけではありません。

 

不要に人にあおられる

知り合いのXXと言う職業の人に頸椎何番がずれていると言われて、たいへん不安になられていました。

確定はレントゲンで分かります。

私が診たらズレでは無く頸椎の指摘も違っていまして、アノマリー(Anomaly)という脊椎の一種のタイプでした。

背骨も体格と一緒で色々なタイプがあります。

これを異常と捉えるか正常域と捉えるかは、未だに論議のあるところです。

私の考えは、変形や側弯があれば指摘はしますが、その人となりの状態で大丈夫なら大丈夫と言います。

脊椎の状態も、不安をあおり、「こっちの水は甘いぞ」と、いい加減に発言する人が多くて困ります。

 

画像診断からの標準治療では治らない場合も

片や画像診断でも、その患者さんにとって正解では無い場合があります。

一例として、レントゲンで頸椎のストレートネックと指摘されて、自分の症状は治らないと思い込んでいる人が多いので驚きます。

レントゲンでストレートネックと判断されると標準治療では治らないと言っています。症状が出たら痛み止めなどで、やり過ごすしか無いと言われているだけなんです。

当院は、ストレートネックの症状で色々な人が来院されています。頸椎や胸椎の椎間関節の可動性を正常化すれば、キレイに治ります。

現在はスマホをいじるのでストレートネックになりやすい環境でもあります。

姿勢も正しいと言われるのもありますが、全ての人に当てはまることはありません。その人にとって正しいをさぐる必要があります。

姿勢や歪みが、本当に症状と関連しているのかを判断して、治療するのか私たちの仕事です。

 

治したい希望が扉を開く

変形や歪みがあっても、症状が無ければとりあえず安心です。

病気の既往歴は治療にたいへん重要なので、問診の時はしっかり伺います。

しかし、その病気に固執してしまうと、治るきっかけがつかめない場合が多いです。

来院の際は、一旦気持ちを白紙にされて治療を受けて頂くと良いと思います。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。