お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

2年前の胸椎圧迫骨折の60歳代女性、背中が段々曲がってきたのを治したい

北海道から来院されました。

圧迫骨折は胸椎11.12番が好発部位です。

基礎疾患として、骨粗しょう症があると尻餅や転倒でなりやすいです。

 

世界標準のメルクマニュアルの解説

脊椎の圧迫骨折 – 25. 外傷と中毒 – MSDマニュアル家庭版

骨粗しょう症 – 08. 骨、関節、筋肉の病気 – MSDマニュアル家庭版

 

通常は手術のみ

2年前に胸椎12番の圧迫骨折をしました。標準治療で、コルセットの固定で治りました。

痛みが引かない場合は、「骨セメント治療」にて良好になる場合がありますが費用は自費です。担当の先生に相談されると良いです。

しかし、だんだん腰が曲がって胃腸も調子悪くなってきました。

PLIF/TLIF(腰椎椎体間固定術)

PLIFとは、Posterior(後方) Lumbar(腰椎) Interbody(椎体間) fusion(固定)を意味します。

TLIFとは、trans-foraminal(経椎間孔)Lumbar(腰椎) Interbody(椎体間) fusion(固定)を意味します。

改めて病院を訪ねて、背骨の歪みを治すなら2回手術が必要と言われたそうです。

諦めていましたが、ご主人の治療の同伴で来院されて治療することになりました。

 

多彩な症状に対して

他に色々な症状や内科の手術もされているので、どの症状に焦点を当てて治療するのかを構築する必要があります。

あれもこれもと欲張っても良い結果は出ません。

1回実施してみて体の変化を見ます。

 

当院の治療

骨粗しょう症が基礎疾患としてあるので、力学的な手技は行えず厳しい条件です。解剖運動学矯正は可能です。

治療のポイント

腰椎、胸椎は触りません。

頸椎の椎間関節の動きを治します。中臀筋の筋反射を治します。

悪玉活性酸素の除去をします。

骨盤と肋骨の立位動的なバランスを取ります。これにより、正しい姿勢を再学習することが可能です。

下肢筋力の向上をします。

 

結果

1回で見事に姿勢が伸びてきました。患者さんもたいへん驚かれました。

骨折前には戻れませんが、継続して治療すれば現時点より良い姿勢になれます。

遠方からの来院されましたので、近隣での施設をご紹介させて頂きました。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。