お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

痛みのある人は大寒から節分・立春までうずく痛みを感じやすい、長年の臨床より報告します

大寒や節分を過ぎた辺りに亡くなる人が多いです。

季節のうつろい

この時期はどれだけ部屋を温かくしていても、膝、腰、肩が痛いとかいう人は痛みが強くなります。

関節自体、一番温度低い部位になるので、このような現象が起きます。

これは避けられません。

冬に痛みが強くなる人は、年前から治療すると良好な結果が得られます。

対処方法は

ずばり、貼るカイロです!

これも貼り方のコツや選び方のコツがあります。

温めると余計に痛みが出る人もいますので、試してご自身で様子を見てください。

貼るカイロは安売りのを

安売りのはそんなに熱くならないのでお勧めです。寝るときも使えます。

高級品は性能が良いので温度が高くなりやすいです。仕事中ならつかいやすいのではと考えます。

どちらにせよ、皮膚がヒリヒリしたら低温ヤケドの前兆です。注意が必要になります。

貼る場所

これかくせものです。

だいたい痛いところに貼るよりも、それにつながる場所になります。

たいへん個人差があるので貼り比べるしか手立てが無いです。色々試して下さい。

場所が分かればしめたものです。毎年使えるその人だけの場所です。

足が冷えて腰が痛い人が、足の甲に貼ったら凄く効いた例もあるので色々試して下さい。この人は、腰から足の方へ順番に貼り比べたそうです。

2018年度の日付

旧暦にこだわらなくて良いです。

大寒 – Wikipedia
1月20日土曜日

節分 – Wikipedia
2月3日土曜日

立春 – Wikipedia
2月4日日曜日

毎年のことなので

1月下旬から2月上旬までは注意しましょう。この時期に体調を崩すと治りが悪いです。

この時期の痛みをお薬で止めようとしてもあんまり効きません。2月中旬まで待ちましょう。必ず良くなってきます。

湯治もこの時期にされると一番良いと思います。

備えあれば憂いなし

もうすぐ春です

春は春で、木の芽時と言って、痛みが出やすいです。

冬よりは対処がしやすいです。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。