ついにスマホ用の補聴器が出ました! ソフトで動く、簡易聴力検査もできます

私は中学生の頃、2万ヘルツまで聞き取れましたが、今は全然ダメです。

モスキート音は全く聞こえないです。

先晩、簡易検査をしたら通常会話域は正常ですが、軽度の難聴が始まっているとの事です。

なってこった! 

そりゃ57歳なので当たり前だのクラッカーです。

公式

Petralex 補聴器

無線のAirPodsにも対応しています。

App Store
Petralex 補聴器を App Store で

Google Play
Petralex 補聴器 – Google Play の Android アプリ

加齢により聴力は衰える

有毛細胞というのが音の振動を変換して神経に音として認識させます。人体は凄いと思います。

この細胞は再生することがありません。

耳は大事に使って下さい。

ですから、できるだけイヤホンやヘッドホンで大音量で聴くのは気をつけて下さい。

治療で聴力が回復するのは血流改善の結果

当院の治療で難聴が回復する場合もありますが、これは三半規管周辺の血流が改善したからで、有毛細胞が再生されたからではありません。

老人性難聴(耳鳴り)も同じ事で、すぐ治る人、1年くらい必要な人、全く変わらない人がいます。実際、10回くらい治療しての判断になります。

金沢市から来院された70歳代の患者さんは、その場で回復しましたが珍しい症例です。

スマホ用補聴器の可能性

テストしましたが、両耳で聞くので驚くほど立体的に聞こえます。

音質も素晴らしいです。

簡易聴力検査もできる

簡単ですが聴力検査もできます。

会話などで聞きづらいなら

試す価値は十分にあり、軽度の難聴なら問題なと思います。

スマホの使用制限のある場所では、主催者の判断を仰ぐ必要があります。

超高齢社会のスマホの良い利用方法じゃないかと

ゲームアプリも大事ですか、このような生活する上で大事な製品が開発されると、生きてて良かったと実感します!

骨伝導が必要なら

鼓膜に問題がある場合は、骨伝導タイプのイヤホンが必要になる場合があります。

専門医に相談しましょう。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。