お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

マウスを左手で使うと右手の負担が軽減します、肩こり・頚肩腕症候群・右手入力が多い人におすすめ

著名な心臓外科医の先生はマウスを左手で使っています。

先生に質問しました

手の動きが見とれるくらい無駄が無いのです。

その先生のパソコンの入力(PowerPoint作成)を見ていると、本当に無駄の無い動きでびっくりしました。

本来、マウスは左手で行った方が良いのではと思う場面でした。

答えは左手の練習のため

左手の練習のために、左でマウスを使うようにしたそうです。

海外では左手でマウスを使う人は少なくないそうです。

最初はイライラの連続

最初は思った場所をクリックできないので、本当にイライラします。

暇なときに練習しましょう。乳幼児になったようです。使いにくいです。

マウスの設定で、動きを遅くするのも良いです。

習得まで3ヶ月は必要

新しいことで脳のシナプスが繋がるまでに3ヶ月は必要です。頑張りましょう。

マウスの基本操作を覚えよう
マウスの基本操作を覚えよう

Windows 7でマウスの左右ボタンを入れ替える方法
121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 013601

右手の負担が多い日常

15.6インチのノートパソコンには10キーが組み込んであるのが主流となっています。

その状態で、右手のマウスだと、右手の負担が益々増えます。

タッチパッドは相対的に左寄りですが、マウスも右、10キーも右、エンターキーも右です。

img_1741

私は10キーを左に

私はマウスが右手です。途中で挫折しました。

10キーだけ左で打っています。これもおすすめです。良いですよ!

ノートパソコンで10キーが付きでも、左に10キーを置いて入力すると、思いの外楽になります。

img_1742

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。