国立新美術館【ミュシャ展】 祖国や民族への思いが溢れている〝スラヴ叙事詩〟は見る者を圧倒し、久しぶりに絵画で感動しました

国立新美術館開館10周年、チェコ文化年事業、ミュシャ展に行ってきました。

6月5日までなので

休館日毎週火曜日(ただし、5月2日(火)は開館)

是非、都合がつけば行かれると良いです。

個人の感想なんか吹っ飛びます。

公式ホームページ

国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

ミュシャ展

アルフォンス・ミュシャ – Wikipedia

出世作のジズモンダのポスターが有名ですが、スラヴ叙事詩は圧巻でした。

引用元:Wikipedia

スラヴ叙事詩 – Wikipedia

全20作品が国外初展示です!!!

最大のものは高さ6メートル、幅8メートルあるそうです。圧倒されます。

とにかく混んでいます、平日の午前がおすすめ

美術館でチケットを買うのにも結構な列になっていましたので、ネットや金券ショップで事前に買うと良いです。

ミュシャ展 |オンラインチケット

私は平日の午後に行きましたが、段々混雑してきました。

音声ガイドを是非に

520円です。

絵の横に解説が書いてありますが、混んでてゆっくり読めません。

音声ガイドを借りて離れて見ながらをお勧めします。

音声ガイドのチラシ

双眼鏡もあれば尚良いです

大きな絵なので、離れて全体を、双眼鏡で細部をみると良いです。

本当に人が多いので。

撮影可能な展示室もありますが、

なんかもったいない印象です。

皆さん、盛んに撮影されていましたが、余計にごった返して逆効果だったと思います。

自撮りしていた人が滑稽に見えるのは致し方ないです。

チラシ

(クリックで拡大表示)

パンフレット

スラヴ叙事詩

実物はもっと重厚で色合いも違います

(題名が展示会と若干相違します)

故郷のスラヴ人
引用元:Wikipedia

ルヤナ島のスヴァントヴィト祭
引用元:Wikipedia
大ボヘミアにおけるスラヴ的典礼の導入
引用元:Wikipedia
ブルガリア皇帝シメオン
引用元:Wikipedia
ボヘミア王プシェミスル・オタカル2世
引用元:Wikipedia
セルビア皇帝ドゥシャンの東ローマ帝国皇帝即位
引用元:Wikipedia
クロムェジーシュのヤン・ミリーチ
引用元:Wikipedia
グリュンワルトの戦闘の後
引用元:Wikipedia
ベトレーム礼拝堂で説教するヤン・フス
引用元:Wikipedia
クジーシュキでの集会
引用元:Wikipedia
ヴィトーコフの戦闘の後
引用元:Wikipedia
ヴォドナャニのペトル・ヘルチッキー
引用元:Wikipedia
フス教徒の国王ボジェブラディのイジー
引用元:Wikipedia
クロアチアの司令官ズリンスキーによるシゲットの防衛
引用元:Wikipedia
イヴァンチッチェでの聖書の印刷
引用元:Wikipedia
ヤン・アモス・コメンスキー
引用元:Wikipedia
聖山アトス
引用元:Wikipedia
スラヴの菩提樹の下で誓いを立てる若者たち
引用元:Wikipedia
ロシアの農奴解放の日
引用元:Wikipedia
スラヴの歴史の神格化
引用元:Wikipedia

 

 
草間彌生さんのもやってました。
草間彌生 わが永遠の魂|企画展|展覧会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。