お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

受験生に出た坐骨神経痛 進学先が決まると症状が消失

受験のストレスで症状が悪化しています。

検査も異常無し

整形外科での検査も異常ありません。

椎間板や椎間関節の異常もありません。

ご両親は途方に暮れます。

治療は

交感神経の緊張を取ると改善する場合が多いです。

治療で反応しない場合はストレスが引き出している痛みとして考えられますが、治療で痛みの感受性を変えて行きます。

痛みに対する耐性を向上させます。

受験が終われば

受験が終われば症状は消失しますので、不安になることは一切いりません。

ウソように治ります。

親御さんは大変です。

皆さんに早く春が来ますように!

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。