お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

ピラティスを続けて腰椎すべり症を悪化させた60歳代女性

健康あるあるの症例です。

健康のためにピラティスをやられていました。

過去に、腰痛で整形外科を受診して腰椎すべり症の診断は受けています。

ピラティス

ピラティス・メソッド – Wikipedia

元々、バレリーナのリハビリで作られたものです。

一般の人々が、追求するのはいかがなものかと思います。

これはヨガにも言えることで、やり始めは調子良いのですが、ある日突然悪化することがあります。

健康管理のためには、何事もほどほどが良いようです。

来院時の症状

高山市から来院されました。出ている症状は坐骨神経痛です。

経緯を聞くと、健康のためにピラティスをやっていたけど、ある日を境に段々調子が悪くなってきたと。

触診をすると、確かにすべり症の傾向はあり腰椎4番のすべり症です。坐骨神経痛もその神経支配に出ています。

鍼治療を行い症状は落ち着きましたが、すべり症が進行してはダメなのでピラティスは中止としました。

今後の治療計画で、鍼治療は保険が効かないので費用も嵩みますから、どうしますかと尋ねると、頻繁な通院が難しいとのことなので、整形外科で痛め止めとシビれ止めを処方してもらって様子をみて下さいとなりました。

お薬も症状を感じなくさせるためで、すべり症自体は治らないのです、と解説しました。

患者さんが今後手術も考えていますと言われましたので、今後の経過が良くなかった場合に、手術の上手な先生も紹介しました。

腰は手術の上手な先生を探すことも大切ですし、筋力のある若い内に手術をすることも大切です。

痛みに我慢する生活より、痛くない生活の方が良いに決まっています。

手術も万能ではなく、手術した上下の椎骨に異常が出るのは仕方無い実情があります。

そこの構造的な問題を解決したいと思い、研究はしているのですがもう少しで答えが出せそうです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。