60歳代女性の坐骨神経痛、治療を受けるポジションを変えたら劇的に効いた例

今シーズンの冬は例年に無く寒く、神経痛を訴える患者さんが多くみられます。

治療のポジション(体位)

通例的にこの疾患はこの体位というのがあります。

治療時には、痛みに対して痛みが弱くなるか辛くないポジションを探します。

坐骨神経痛

病院の検査で腰部椎間板ヘルニアを確認して、坐骨神経痛の症状を呈しています。

この患者さんは画像と症状が一致しています。一致しない人もいます。

チクチク療法(長田式無血刺絡療法)を行いましたが、1カ月間全く症状が変わりませんでした。

通常は効果が出るのですが。。。

この場合は、ストレスが余計に痛みやしびれを強くしている場合が多く、交換神経緊張状態になっています。

確実に効果が出る、追加して行う保険外の治療は希望されなかったので、見通しも厳しい状況です。

どうこう言っても、治療はこのような状況を乗り越えて治さなければいけません。

仕事中の姿勢や重力を考える

しかし、治療ポジションを変更して治療を行ったら症状が変化してきました。

今後良くなるのか楽しみです。

新しい発見を患者さんに教えてもらいました。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。