手のしびれは頸椎のみの矯正では治りにくい 胸椎の矯正が必要

頸椎椎間板ヘルニア・頚腕症候群・胸郭出口症候群で、手のしびれで悩んでいる人も多いです。

リリカなどのしびれに効くお薬を飲んで良くなれば、それで良いと思います。

お薬を否定してはいけません。

再発を繰り返す

痛みやしびれは脳が記憶すると言う先生もいます。再発を繰り返す場合が多いです。

頸椎に問題

画像検査で頸椎の異常を指摘されます。

しかし、改善する術がないのが実情です。お薬と首の牽引くらいです。

頸椎の歪みが胸椎まで影響し、通常は胸椎11番までの影響です。腰椎まで影響しません。

胸郭出口に問題

手のしびれを始め、五十肩も、胸郭出口に問題があります。

胸郭出口症候群の診断が付かなくても関連があります。

胸椎の歪みが問題

今まで治りにくかったのは胸椎の矯正をやっていないからです。ポキポキ矯正は効きません。

胸椎椎間関節のフィクセーション(fixation)、すなわち関節のロックされた状態を改善しなければなりません。

何番がずれているのではなくて、3椎くらいが相俟ってゆがんでいます。下位には、その反対に3椎ゆがみます。が続きます。

Th1〜Th9(10)まで、この考えが必要になります。

肋骨が矯正の邪魔をする

一旦、歪んだ胸椎は治しにくいのです。

肋骨が胸椎の動きの邪魔をするので、いかようにするかが問題です。

ようやく方法を解明できているので、胸椎も簡単に矯正が可能となりました。

しびれは痛みより治りにくい

強いしびれや何年も続いているしびれは、初回は3日程度しか改善しませんが、治療を継続するにつれて良い日が長くなります。

改善のスピードに満足しない人は中止されますが、もったいないと思います。

治療は、しぶとくあきらめない事が大切と思います。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。