沢田教一写真展を青森で見る ベトナム戦争を疑似体験し平和な日本に感謝

戦場写真家、沢田教一の写真展に行ってきました。

沢田教一 – Wikipedia

青森県立美術館

青森県立美術館

青森県立美術館開館10周年記念
「生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場」
Sawada Kyoichi: From Home to Battle Zone

青森県立美術館開館10周年記念 | 青森県立美術館

161008_sawada2

展示も7ブロックに渡る

写真の展示も7ブロックに渡り、見るのに時間がかかりました。

未発表の作品も多数展示されています。

三沢基地の日常風景が秀逸

青森の日常風景の写真がなんとも優しい感じで感動します。

構図が素晴らしく、上手な人は違うと感心しました。

カラーフイルム

当時、日本ではカラーフイルムの入手が困難でしたが、沢田さんは三沢基地で働いていたので入手できたそうです。

カンボジアの日常風景

カンボジアの日常風景も良かったです。

ピューリッツァー賞を受賞した「安全への逃避」

この作品の前後の写真が見られました。爆撃から逃れて来た緊迫した状況下ひしひしと伝わります。

第2回 ピュリツァー賞と日本人 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

素晴らしいと思うのは

ピューリッツァー賞を受賞した「安全への逃避」の被写体の人を捜して、賞金の一部を渡したそうです。

映っている子供の皆さんは、まだ存命だそうです。

テト攻勢下のフエ

連続して写真が撮られていますが、ピントが殆ど合っていて驚愕です。

見ている私たちも戦場にいるようです。

兵士の前から取ってあるのもたくさんあり(沢田は敵に背中を見せている)、「死に神に見放された男」と言われたのもうなずけます。

寺山修司さんと

寺山修司さんと同級生だそうです。

寺山修司 – Wikipedia

写真集発売されています

羽鳥書店ホームページ
「生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場」

img_2024

平和な日常を

本当に平和な世の中に感謝です。

観覧の後半からは、ハンカチが必須でした。

バンフレット表紙
バンフレット表紙

 

バンフレット中左
バンフレット中左

 

バンフレット中右
バンフレット中右

 

バンフレット裏
バンフレット裏

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。