お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

ボルボのチャイルドシートを進行方向と反対に設置・自家用車に付けた思い出

25年位前の話です。

長男をカゴに仰向けに寝かせて、運転中、急ブレーキを踏んだときに助手席から落ちそうにって、こりゃ危ないと思って、いろいろ探しました。

当時は、チャイルドシートというものが、日本製で発売されかけた頃です。タカタ製も全く使用に耐えるものがほとんどありませんでした。

親御さんたちは、寝かせるカゴを、シートベルトで固定したり、助手席を思いっきり前方にずらして固定していました。

何かないものかと探していたら、ボルボ240用のが国内にあると情報を得て、早速照会をしたら、現品は無くて輸入になります。返品はできません。との返事でした。しかし、大事なことなので注文しました。当時でも4万円後半しました。

それを購入して、マツダファミリア4WDに装着しました。アンカーベルトも付属で、完全固定が可能でした。

このチャイルドシートの特徴は、進行方向と逆向きに設置ができることです。今では当たり前のことなのですが、当時は画期的で、運転していると先々で良く聞かれたものです。

38e612540f74404267fd1308e2d20f87

引用元:チャイルド・セーフティ | ボルボ・カー・ジャパン http://www.volvocars.com/jp/about/our-stories/volvo-safety/child-safety

子供の首は不安定なので、この設置ができるのが、ボルボのしかありませんでした。また、母親の顔を見られるので、運転中もあやせるので助かりました。

お乳をガォーーと吐いたりしても、素材がウレタンなので、掃除も楽でした。

楽しかった思い出です。

 

 

画像は240初期モデルチャイルドシート 引用元:ケンオートスタイル

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。