お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

パーキンソン症候群は治療で2,3日間は良好になりますが元に戻ります

歩きにくいと来院されて、聞きますとパーキンソン症候群からの症状でした。

パーキンソン症候群でも、歩行障害が主な症状です。頭部MRIで血管障害を確認できています。

現在の治療(2018年10月以後)

現在は、長田式無血刺絡療法と高濃度人工水素水浴にて良好な結果を得ています。

1-2週間は良好な状態を保ちます。

ヤール分類の程度と発病からの年数で効果の違いが出ます。

治療で2,3日間は良好に

当院の治療で2,3日間は良好になります。

加圧リハビリと高濃度炭酸泉浴を用いて、筋肉反射と全身の血流を改善します。

しかし、4日目で元に戻ります。

頻繁に行えば改善する可能性が

その患者さんは、週1回の通院がやっとだったので、もっと頻繁に治療ができれば、主訴の改善ができたかもしれません。

数名治療をしましたが同じ結果です。週1回の通院では改善は難しいと考えます。

特異な例として、1名のみ、治療すると劇的に歩行が改善します。しかし1ヶ月で元に戻ります。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。