お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

 

「飛騨」と「飛驒」? どちらも正解ですが公文書は旧字体(旧漢字)です

飛騨(ひだ)という文字は、本当は飛驒(ひだ)が正解です。

しかし、普段はッに点々の俗字を使用しています。

 

担当者からの質問があり

とある担当者が、俗字の方か正式の方かと疑問を呈してきたので調べることになりました。

 

現在でも

正式な表現は旧字体ですが、一般書類は俗字表記が殆どです。

ざっと見たところ、免許証、保険証、住民票、契約書などは全部古い字体です。法務局関連の書類も旧字体です。

道路標識や車のナンバープレートも旧字体です。

NHKの放送は旧字体になっています。さすがこだわっています。民放は略字体です。

 

正式な「ひだ」

印刷標準字体
印刷標準字体

 

俗字の「ひだ」

非印刷標準字体
非印刷標準字体

 

旧字体はパソコンでどうなのか、2015年

手持ちのパソコンで調べました。

表示可能
Windows8.1標準IME、Windows10標準IME、Mac標準日本語、MacATOK2015、Google日本語IME(環境依存文字)、WindowsATOK2015

表示不可
Microsoft Office IME 2010、Windows7標準IMEでは、俗字の飛騨しか表示できません。単語登録が必要となります。

Macではメール受信相手に旧字体が表示できない場合があると注意書きがあります。
 
しかし、現在のようなパソコン全盛期では俗字で良いようです。受信した相手が読めなかったら大変ですので。

 

ウィキペディアに解説がありました

なお、正式名称は飛「騨」のつくり上部がツではなくロがふたつ(單 = 「単」の旧漢字(飛驒))であるが、1983年のJISコード改定(83JIS)以降のJIS漢字に含まれておらず一般的なパソコン等の一部コンピュータ環境で表示できないため、総務省から俗字として「騨」が認められている。

引用:飛騨市 – Wikipedia

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
標準治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
医療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。