お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

冬の飛騨 トンネル走行は要注意! フロントガラスが真っ白になることがあります

トンネルに入った途端、真っ白になります!

特に高山国府トンネルはひどいです。

知らない人はびっくりされますし、女性で不慣れな人はパニックになることもあります。

フロントガラスの外側に着いた水滴です!

トンネル内と外気の温度差にトンネル内が排気ガスなどで湿度が多いと発生します。

イメージ:実際とは異なります
イメージ:実際とは異なります

普段の曇りとは異なります

冬に体験するフロントガラスの曇りは、外気と車内の気温差と車内の湿度で、フロントガラスの内側が曇る場合があります。

ガラスの内側の曇りはデフロスターを使ってフロントガラスを温めると消えますが、これとは全く違いますので注意が必要です。

正しい対処方法

外側に付いた水滴なので、フロントワイパーを適度に動かします。

それでも消えないことが多いので、時々ウォッシャー液を出しながらフロントワイパーを動かします。(暖機運転が済みウォッシャー液が温まっているとより効果が出ます)

それを繰り返すとあっという間に消えます。

サイドミラーは

イメージ:実際とは異なります
イメージ:実際とは異なります

 
同じようにサイドミラーも真っ白に曇りますが、すぐ消えないので運転は要注意です。トンネルと抜ければすぐ消えます。

寒冷地仕様の場合は、リア熱線デフォッガーを入れると連動してサイドミラーの熱線が入るタイプもあります。

このタイプはスイッチを入れるとすぐ消えます。

ご安全に!

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。