お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

冬の飛騨 トンネル走行は要注意! フロントガラスが真っ白になることがあります

トンネルに入った途端、真っ白になります!

特に高山国府トンネルはひどいです。

知らない人はびっくりされますし、女性で不慣れな人はパニックになることもあります。

フロントガラスの外側に着いた水滴です!

トンネル内と外気の温度差にトンネル内が排気ガスなどで湿度が多いと発生します。

イメージ:実際とは異なります
イメージ:実際とは異なります

普段の曇りとは異なります

冬に体験するフロントガラスの曇りは、外気と車内の気温差と車内の湿度で、フロントガラスの内側が曇る場合があります。

ガラスの内側の曇りはデフロスターを使ってフロントガラスを温めると消えますが、これとは全く違いますので注意が必要です。

正しい対処方法

外側に付いた水滴なので、フロントワイパーを適度に動かします。

それでも消えないことが多いので、時々ウォッシャー液を出しながらフロントワイパーを動かします。(暖機運転が済みウォッシャー液が温まっているとより効果が出ます)

それを繰り返すとあっという間に消えます。

サイドミラーは

イメージ:実際とは異なります
イメージ:実際とは異なります
 
同じようにサイドミラーも真っ白に曇りますが、すぐ消えないので運転は要注意です。トンネルと抜ければすぐ消えます。

寒冷地仕様の場合は、リア熱線デフォッガーを入れると連動してサイドミラーの熱線が入るタイプもあります。

このタイプはスイッチを入れるとすぐ消えます。

ご安全に!

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。