Apple Pencil の静音化の方法! これでコツコツ音を気にせずに何処でも使えます

Apple Pencilは書き込みに遅延が無くて本当に使いやすいです。素晴らしい発明です。

しかし、コツコツ音がして静かな場所では結構うるさく感じます。これでは図書館や静かなセミナーでは使えません。

この対策をしたので、メモソフトにどんどん書き殴っても大丈夫です。

今までは、メモを取って写メしてましたが、その手間がなくなるので助かります!

私は保護フイルムを貼るのが嫌いです

ピンチ、スワイプなど色々なタッチが変わるので保護フイルムを貼るのが嫌いなのです。保護フイルムで音を軽減するのが出ていますが、私の場合はペン先での対策になります。

素材のポイント

文字が書かれるのが電気の通電なので邪魔しない素材なら大丈夫です。

私の方法

キネシオテープを使います。一般のテーピングテープでも伸縮性が有れば使えると思います。
キネシオテープ Amazon検索結果

素材の拡大図

キネシオテープがささくれないように電工テープを巻きます。
電工テープ Amazon検索結果

キネシオテープが一重だとApple Pencilの先が出るので二重にします。この作業を2回します。上手に貼れば一重でも大丈夫です。

電工テープは1回巻きます。

欠点は

書いているペン先が見えづらいです。それだけです。もっと良い素材を考えてみます。

テープを一重にすると、良い感じになります。コツは引っ張らないように貼ります。

Apple様へ

静音型のペン先を発売して下さい!

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。