結果を出す手技療法のパイオニア

右股関節痛と左足首痛の関係がある60代男性 足首の施術で股関節痛も軽快消失しました

人体の面白い反応です。

このような反射にこだわると判断を間違えるので、気をつけて下さい。

足首の距骨(距骨)が大切と言うのも、まんざらウソではないかもです。

矯正で距骨の位置を直せば全身が良くなる話は盛りすぎで、症状の改善には役立たないです。

やらないよりは、足首の内反があればやった方が良いかな程度です。アクティベータ療法が最適です。

アクティベーター・メソッドとは – 小又接骨院 村坂克之

患者さん

腰部疾患で良好な経過ですが、痛い坐骨神経痛の反対の足首の内側が痛いと言われます。

子供の頃、左側の足首を捻挫して、毎年冬のお手洗いに行くときに足首の捻挫をされます。

診ると、若干、足首の内側の靱帯、三角靱帯が腫れているかなと思われる程度です。見た目では判断できません。

施術

左足首内側の三角靱帯、特に脛距部に着目し施術を行います。今回は鍼を行いました。

内側足底神経を避けて三角靱帯を狙います。後脛骨筋も一緒にやります。

鍼灸とは(独自の特殊鍼法) – 小又接骨院 村坂克之

そうしたら、右側の股関節の違和感が消失しました。

難しいのが、基本、股関節の症状は腰の仙腸関節が主体で、次ぎに腰椎となっています。

これを間違えると、何も効果の無い事になります。

今回の患者さんも、骨盤の仙腸関節、腰椎の椎間関節と施術をして、主症状を取り払っての残りの症状です。

でも、取れて本当に良かったです。

色々な人体の反応を引き出し、患者さんのつらい症状を取るのが私たちの仕事です。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。