お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

同じPDFの違うページも同時表示したい ブラウザで開くと解決します

PDFを読み込む時は、縦置きディスプレイに表示させます。

アプリは、Adobe Acrobat Proを使用しています。

調べものをしているときで、書類がPDFの場合だと困ることがあります。

「あのページになんて書いて有ったかな。」

戻って見返せば良いのですが、また戻ったりの繰り返しも面倒で、見比べながら作業をしたいときはますます困ります。

実際の書籍のように付箋紙を挟みたいのです。PDFアプリでもしおりや付箋は付けられますが、それじゃないんです。

パパッと切り替えをしたいのです。

アプリでは二重に開けない

Adobe Acrobat や社外品のPDFソフトでは違うページの同時表示はできません。

学術書などは、参照XXページなんてあるので、見返すことは多々あるので本当に困っていました。

解決方法が見つかったので紹介します。

答え:ブラウザで開く

例:AcrobatとGoogle ChromeやMozilla FirefoxやMicrosoft Edge です。

Adobe Acrobat Reader

【無料】Adobe Acrobat Reader をダウンロード | Adobe Acrobat

ブラウザ

グーグル クローム

Google Chrome – Google の高速で安全なブラウザをダウンロード

モジラ ファイヤーフォックス

Mozilla から高速、プライベート、無料の Firefox ブラウザー をダウンロード

マイクロソフト エッジ

Microsoft Edge Web ブラウザーをダウンロード | Microsoft

ブラウザを使うのは盲点でした。見開き表示は可能です。

ポイントとしては、PDF表示用は、普段使いのブラウザと別の方が操作ミスが防げます。

Windows

PDFを右クリック→プログラムから開く→ブラウザを選択して開きます。

標準アプリのAdobe Acrobat Readerで開き、他のページはブラウザで開く。

Windows10の標準PDFはMicrosoft Edgeで表示されます。

Mac

Macの右クリック – Apple サポート (日本)

右クリックのあるマウスならそのまま右クリックします。

PDFアプリは一長一短

標準的なAdobeAcrobatが使いやすいのですが、たくさん表示させるとメモリ不足エラーになります。それで動作も重くなります。

他社製品は、Acrobatより軽快に動きます。

但し、文字挿入時にフォントがおかしくなることが多いので、編集はAcrobatが安定しています。又はiPad用のGoodnote5です。

他社製品のは日本語に弱いのか、PDF自体が2バイト文字の編集が弱いのかもしれません。

感想

メインの編集用PDFアプリと、閲覧用のブラウザをインストールして利用するのをお勧めします。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。