お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

頸椎捻挫の67歳男性 治療経過で頸椎の異常が判明しました

首を筋違いをして来院されました。治療にて順調に症状は改善しました。

遠絡を元に独自の方法を行いましたから通常より早く良くなっているはずなのですが、同じ症状の同じ年代の人より治りが遅い印象がありました。

予見できない未知の症状

本症例は、結果として手の麻痺と頸椎の異常は発見できました。

初診では全く露見していない状態だったので、もし首のポキポキする矯正をしたら恐ろしい結果が待っていたと思います。

患者さんにおいては、身を委ねるので判断ができかねますが、無資格の整体院などへの受療は本当に注意して下さい。

親指に力が入らない

おかしいなと思いつつ、ほぼ症状が消失した時点で患者さんが自訴されました。

「なんとなく親指に力が入らないんですよー。」

触診で、母指MP関節、CM関節の異常はありません。

腱反射テストを行いますと、両手共に腕橈骨筋反射が消失しています。他の反射は正常です。

この反射は主に「C6神経」の支配です。ちょっとまずいです。

原因

過去に腰椎椎間板ヘルニアで2回手術されて骨が不安定なため人工骨を入れられています。

腰が悪いと首が悪いのはよくある現象で、この患者さんも例外ではありませんでした。

とりあえず、腰を診察した医師を受診して様子を見て下さいと言いました。

「お薬が出ても改善しないなら手術ですが、その前に当院の治療を試す価値はあります。」と言いました。

このような症状に、物理療法として首の牽引を行うことが多いですが殆ど効果はありません。

腰の手術と違い首は大変難しいので、脳神経外科の脊髄脊椎外科の先生を訪ねると良いです。

麻痺が出始めていますから、早急な判断が必要でしょう。

鍼治療で頚椎ヘルニアや変形性頚椎症の症状を緩和することは可能なのですが、費用がそれなりにかかりますから判断は患者さん次第です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。