お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

ばね指(弾発指)の71歳男性 4回の治療で略治 技術革新で実現しました

ばね指(弾発指)への物理療法は効果不良が多く、いつも天才的な整形外科医へ紹介させて頂き、腱鞘切開術を受けて頂きます。

患者さんはまだまだ現役で、クリニックまで行く時間が取れないから何とかなりませんかと相談です。

ステロイド注射を行えば一旦改善する場合がありますが、何回もすると腱が弱くなるのであまりお勧めはできませんので、やっても1.2回です。

腱鞘炎で注射を行った場合の治療成績は、行う医師の力量に依存します。

症状

小指の腱鞘炎です。

曲げ伸ばしに引っかかりがあり、無理に曲げればポキンと曲がります。これをばね指と言います。

簡単に考えるなら、刀が鞘に収まらないのです。

場所はA1プーリーです。これは鞘の部分になります。

治療

鍼+マイクロカレント+赤外線LED の治療を施します。

それぞれをどのように使い配穴するのかは当院独自の方法です。

都合、4回で引っかかりは完全に無くなりました。曲げる時の痛みが残っているので引き続き治療は必要です。

これは、小指なので腱や腱鞘も細いので短期間に改善したのではと思います。

通常は10回以上、必要と考えます。

今までは諦めていた

今までは諦めていたのですが、新しい痛くない鍼、マイクロカレント、赤外線LEDの採用で効果が出たようです。

特に痛くない鍼の採用は、患者さんの負担が減るので本当に助かっています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。