お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

ロキソニンが効かない腰痛の54歳女性 鍼治療で軽快になりました

以前から腰痛が悪化すると来院されます。

事前に整形外科を受診し診断は坐骨神経痛とのご託宣です。それでロキソニンを飲んでも全く改善しないので来院されました。

慢性痛にロキソニンが効かないのはあるあるです。

レントゲン診断も、写真で景色を映すの一緒で病気の本質は分からないです。MRIなら病態が分かると思いますが、これも万能ではありません。

治療

初回通常は解剖運動学に基づく矯正マニュピュレーションを行うのですが、患者さんの希望で鍼治療を行います。

鍼は全て使い捨てを使用します。当院の使用する鍼は刺入時の痛みが有りません。医療用シリコンは塗布してなくても痛みが出ない素晴らしい製品です。

鍼治療は、肝虚を念頭に行いますが、患部の筋や多裂筋や椎間関節へのアプローチが必要です。

終了したら仕上げに遠絡療法を行います。これで脈も整い痛みも軽減します。2回ほど治療すれば略治します。

脈も、症状に即時反映する場合と、時間がズレて反映する場合があり人それぞれです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。