結果を出す手技療法のパイオニア

リモートデスクトップサービスは1つだけだと不測の事態に対応できないので複数用意するべきです

今朝、いつも使用しているChrome リモート デスクトップが繫がりません。

大変です。

こんな時のために、リモートデスクトップサービスは、Google、シンテレワーク、Windowsリモートデスクトップサービスの三つを準備してあります。

Googleリモートデスクトップ

NTT東日本シンテレワーク

Windowsリモートデスクトップ

WindowsリモートデスクトップサービスはグレードがPro以上必要です。

Pro以上は標準装備されています。Homeはどうなのか忘れました。

今回は、NTT東日本シンテレワークでアクセスしました。サーバーアクセスも滞りなくできました。これのリモート画像が凄くキレイに進化しててびっりくしました。

午前の仕事終わりに確認したら、Googleリモートデスクトップサービスも復帰していました。

リモートデスクトップサービスで仕事される人は、バックアップ用アプリを常に用意しておくと万全です。

1個だけでアクセス不良になると、当日の作業が詰んでしまいます。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。