お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

リモートデスクトップサービスは1つだけだと不測の事態に対応できないので複数用意するべきです

今朝、いつも使用しているChrome リモート デスクトップが繫がりません。

大変です。

こんな時のために、リモートデスクトップサービスは、Google、シンテレワーク、Windowsリモートデスクトップサービスの三つを準備してあります。

Googleリモートデスクトップ

NTT東日本シンテレワーク

Windowsリモートデスクトップ

WindowsリモートデスクトップサービスはグレードがPro以上必要です。

Pro以上は標準装備されています。Homeはどうなのか忘れました。

今回は、NTT東日本シンテレワークでアクセスしました。サーパーアクセスも滞りなくできました。これのリモート画像が凄くキレイに進化しててびっりくしました。

午前の仕事終わりに確認したら、Googleリモートデスクトップサービスも復帰していました。

リモートデスクトップサービスで仕事される人は、バックアップ用アプリを常に用意しておくと万全です。

1個だけでアクセス不良になると、当日の作業が詰んでしまいます。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。