お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

来たー!!グンゼ(株) 膝半月板再生基材の臨床試験スタート 令和10年(2028年)に実用化を

やっぱり日本は凄いなと思います。2021年09月16日に報道が出ました。

膝の半月板損傷で悩んでいる人は本当にたくさん居ます。

当院でも、半月板が薄くなっての変形性膝関節症の治療を行っていますが、完全に痛みを取りきることは難しい実情があります。

半月板損傷は、手術で切れた部分を縫ったり切ったり削ったりします。

シェービング(削る)は勧められませんが、どうしても症状を回復されるために行われる場合が多いです。

薄くなったり切れたのは元には戻りません。

殆どの症例は一旦改善しますが、変形性膝関節症に早期に移行する例が多く、今の超高齢化社会では問題になりつつあります。

半月板の完全再生ならずも、このような再生基材で回復するようなら素晴らしい事です。

特に運動選手には半月板損傷はつきものですから、本当に福音となるでしょう。

加齢による半月板が薄くなるのにも対応できれば尚良いです。

半月板損傷の解説

膝のねんざおよび関連する損傷 – 25. 外傷と中毒 – MSDマニュアル家庭版

半月板損傷(膝のスポーツ外傷)|やさしい医療講座|一般の方|ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニー | ジョンソン・エンド・ジョンソン

記事

半月板再生基材について臨床試験開始 半月板損傷の患者さまのQOL向上に貢献 | ニュースリリース | 企業情報 | グンゼ株式会社

グンゼ、膝半月板再生基材の臨床試験スタート(産経新聞) – Yahoo!ニュース

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。