お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

高齢女性のぎっくり腰 圧迫骨折が頻発するのは避けようがない 閉経前の生活が大切です

夏は飛騨地方でも暑くなり皆さん活動的になります。

圧迫骨折の症例が続いたので、女性への警告を兼ねて印象を書きます。

74歳女性

自転車を駐車するとき自転車が倒れ、それにつられて転倒しました。

もんどり打って前方へ転倒しました。すり傷はありませんでしたが、寝返りや起床時の痛みが強く来院されました。

初回は反応がありませんでしたが、2回目に圧迫骨折の徴候を確認しましたので、整形外科へ転医して頂きました。

どこへ行くのも自転車を使う人でしたが、残念な結果です。

70歳女性

自宅入浴中、洗髪してして顔を上げたら腰に激痛を感じました。

マッサージが良いかと思い、マッサージの治療を受けたらよけいに悪化しました。

痛かったり凝ったらとりあえずマッサージへ行かれるのは、田舎あるあるです。

3週間後、どうにもこうにも寝起きが痛くて来院されました。

触診検査の結果、胸椎11.12番の圧迫骨折の疑いを確認して、来院が夜だったので翌日、整形外科へ行くように指示しました。

他2名来院され、これも圧迫骨折の疑いです。

今のような超高齢化社会では、女性にはさせられないのかもしれません。

圧迫骨折後の腰痛

これは当院得意の治療分野です。

圧迫骨折後は体のバランスが変わり、脊柱起立筋の負担も増えます。

多裂筋への治療が必要となります。

骨粗しょう症

予防に勝る治療は無くて、閉経前にどれだけ骨量を貯蓄できるかが重要です。

食事でビタミンDの接種は大切ですが、無理ならお医者さんに活性型ビタミンDを処方してもらいましょう。

骨粗しょう症 – 08. 骨、関節、筋肉の病気 – MSDマニュアル家庭版

骨粗鬆症の予防のための食生活 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

ビタミンDの働きと1日の摂取量 | 健康長寿ネット

骨粗しょう症のお薬

ビスホスホネート製剤が基本ですが、まれに顎骨壊死の副作用もあります。

お薬自体、長期服用しても骨密度の向上は止まるので、服用は5年くらいで中止すべきとの考えもあります。

不安な場合は、処方されている先生に相談されると良いです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。