お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

村上宥快和尚さん説法「肉体と医学」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

「肉体と医学」

肉体を保存するためには、動物・植物・鉱物のエネルギーが必要ですが、心は物質のエネルギーだけでは維持できないのです。

現在、医学界でも、なぜ眠るのかということも知らないのです。

心のエネルギーは眠っている時に、あの世で補給してくるのです。

眠るということは、私たちの意識は肉体から離れて必然的に、次元の越えたあの世という世界へ還ります。あの世へ還って、神経や精神に使うエネルギーを補給してくるのです。

ですから寝不足をすると、あほだら経をやってしまうのです。

あの世で神様から与えられた、神経や精神に使うエネルギーがなければ、人間の生存や生活ができないのです。

あの世に還って神様から、熱、光、磁気、電気、重力というエネルギーを補給してくるのです。そうして満タンになったら、ポッカリと目を覚ますようなっているのです。

現代の教育では、滋養のあるものを取っていれば大丈夫だといっていますが、心の栄養を考えない生活は駄目なのです。

それゆえに現代医学にも、多くの疑問を持たなければなりません。心臓死、あるいは脳死という個別のものはないのです。

脳、心臓、五官など各諸器官を作動している意識の世界があるのです。それは肉体以外の心が共存している証左であり、現在の医学においては、なぜ眠るのかもわかっていません。

夜眠りますと、耳の穴が開いていても聞こえず、鼻の穴が開いていても匂いません。

脳細胞が記憶装置でしたら、眠っている時でも、ものを感じ、匂いを嗅ぐ記憶があるはずです。記憶がないのは、心というエネルギーが五官機能の働きを司っているのです。

元来、肉体と精神という心が共存して生きています。精神という心は大宇宙の意識に通じています。

肉体は魂の乗り舟であります。魂が船頭とすれば肉体は船です。

肉体は物に例えたらテレビの受像機です。私たちには神様という意識の放送局があります。

神経は神様のエネルギーの通り道です。それゆえに、心を昔から、神の精、すなわち精神というのです。

テレビの受像機に等しい、肉体に問うて生活をしていると多くの過ちをもたらすのです。多くの過ちをもたらすことは、肉体が死んでしまうと全部終わりだという考え方です。

しかし私たちの心が、受信機でもあり発信機でもあるという事実がここにあります。テレビの場合は受信機だけです。人間は発信機を持っているのです。

その発信機とは想念です。この心の働きを、精神、心というのです。

自分の心の働きは、「悟」といいます。

「りっしんべん」に

「われ」と

書いてあるのが吾が心なのです。

字が表すように神の精なのです。

ですから、私たちの心に、あの世から通信されるのです。

「吾」という字は、味覚、臭覚、視覚、聴覚、触覚という条件のもと、私たちの意識の働きを行い、又、神経という、味覚神経、臭覚神経、視覚神経、聴覚神経、触覚神経、この五官機能により様々な体験したものを、再び逆に、意思からあの世に通じていくのです。

そうして、意識の記憶装置である神の意識に変わっていくのです。

このように受信、発信が自由なのが人間だけなのです。人間の心は、そういうものが含まれているのです。

ですから信次先生の教えは、多くの条件の中で自分の心を開拓しなさいということなのです。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。