お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

CDC・アメリカ疾病予防管理センター 科学的概要:SARS-CoV-2(新型コロナウイルス感染症)の解説 2021年5月7日更新

CDC・アメリカ疾病予防管理センターが新型コロナウイルス感染症の概要をアップデートして発表しました。

COVID-19 Web情報は、中国語、ベトナム語 、韓国語でも提供されていますが、日本語はありません。

機械翻訳をしてみました。翻訳品質は保証されませんので、正しくは原文ページをご覧下さい。

翻訳ソフト

最近の変更の概要

この科学的概要は、SARS-CoV-2感染に関する現在の知識を反映するように更新され、より簡潔になるように再フォーマットされています。
SARS-CoV-2感染のモードは、ウイルスの吸入、露出した粘膜へのウイルスの沈着、ウイルスで汚染された汚れた手で粘膜に触れることとして分類されています。
感染が発生することを私たちが理解する方法は変化しましたが、このウイルスの感染を防ぐ方法は変化していません。CDCが推奨するすべての予防措置は、これらの感染形態に対して引き続き有効です。

SARS-CoV-2は、感染性のある呼吸器系の液体に触れることで感染します。

SARS-CoV-2(COVID-19を引き起こすウイルス)に感染する主なモードは、感染性ウイルスを運ぶ呼吸器液への暴露を介してである。暴露は、(1)非常に細かい呼吸液滴およびエアロゾル粒子の吸入、(2)直接水しぶきやスプレーによる口、鼻、または眼の露出した粘膜上の呼吸液滴および粒子の堆積、および(3)ウイルスを含む液体または間接的にウイルスに触れた手で粘膜に触れる3つの主な方法で起こる。

人々は、呼気中に呼吸液を放出する(例えば、静かな呼吸、話す、歌う、運動する、咳、くしゃみ)、サイズのスペクトルにわたって液滴の形で。1-9これらの液滴はウイルスを運び、感染を伝播する。

最大の液滴は、数秒から数分で急速に空気から落ち着きます。
これらの微細な液滴が急速に乾燥したときに形成される最も小さい非常に細かい液滴、およびエアロゾル粒子は、数分から数時間空気中に懸濁されたままでいられるほど小さい。
SARS-CoV-2を運ぶ呼吸器液への感染性暴露は、3つの主要な方法で起こる(相互に排他的ではない):

感染性ウイルスを含む非常に小さな細かい液滴およびエアロゾル粒子を運ぶ空気の吸入。伝染のリスクは、これらの非常に微細な液滴および粒子の濃度が最も高い感染源の3〜6フィート以内で最も大きい。
吐き出された液滴や粒子に含まれるウイルスの堆積物(すなわち、咳をするなどの「飛沫やスプレー」)。伝染のリスクは、同様に、これらの吐き出された液滴および粒子の濃度が最も大きい感染源に近い最大である。
ウイルスを含む吐き出された呼吸器液によって汚れたり、ウイルスに汚染された無生物の表面に触れたりして、粘膜に触れる。

SARS-CoV-2感染のリスクは、人がさらされているウイルスの量によって異なります

感染性の液滴と粒子が吐き出されると、それらは発生源から外側に移動します。感染のリスクは、発生源からの距離が長くなり、呼気後の時間が長くなるにつれて減少します。2つの主要なプロセスは、人が空気中に、またはウイルスで汚染された表面に触れることによってさらされるウイルスの量を決定します。

1, 減少し、空気中のウイルスの濃度を、重力下で地面又は他の表面へのウイルスの落下を含有大きく重い呼吸滴として、非常に微細な液滴と空気流中に残るエアロゾル粒子は次第にと混合し、そして内に希釈なります彼らが遭遇する空気の量と流れの増加。この混合は必ずしも均一である必要はなく、熱層化および呼気の最初の噴射によって影響を受ける可能性があります。
2, 温度、湿度、紫外線(日光など)などの環境要因の影響を受けて、時間の経過とともにウイルスの生存率と感染力が徐々に失われます

感染源から6フィート(180センチ)以上離れた空気中のウイルスの吸入によるSARS-CoV-2の感染が発生する可能性があります

発生源からの距離が増すにつれて、吸入の役割も同様に増加します。感染源から6フィートを超える距離での吸入による感染は、より近い距離よりも起こりにくいですが、この現象は、特定の予防可能な状況下で繰り返し文書化されています。10-21これらの感染イベントは、屋内でウイルスを長時間(15分以上、場合によっては数時間)吐き出す感染者の存在を伴い、6フィート以上の人々に感染を感染させるのに十分なウイルス濃度を空間にもたらしました。離れて、そしてある場合には、感染者が去った直後にその空間を通り抜けた人々に。公表された報告によると、これらの状況下でSARS-CoV-2感染のリスクを高める要因には以下が含まれます。

  • 呼気呼吸液、特に非常に細かい液滴やエアロゾル粒子の濃度が空気空間に蓄積する可能性がある、換気または空気処理が不十分な閉鎖 空間
  • 感染者が身体運動をしている場合、または声を上げている場合(例、運動、叫び、歌)、呼吸液の呼気が増加します。
  • これらの条件への長時間の曝露、通常15分以上。

COVID-19感染の予防

感染に必要なSARS-CoV-2の感染量は確立されていません。
現在のところ、汚染された表面からの感染は、新たな感染には大きく寄与しないことが強く示唆されています。
動物実験22-24や疫学調査25(上述の研究に加えて)では、ウイルスの吸入が感染の原因となることが示されているが、ウイルスの吸入と粘膜へのウイルスの沈着の相対的な寄与はまだ定量化されておらず、確定するのは困難です。
このような知識不足にもかかわらず、SARS-CoV-2の感染を防ぐための既存の推奨事項が有効であることを示す証拠は引き続き存在します。
SARS-CoV-2感染を予防するためには、物理的な距離を置くこと、体に合ったマスク(例:顔面保護用マスク、手術用マスク)を共同で使用すること、十分な換気を行うこと、屋内の混雑した空間を避けることなどが挙げられます。
これらの方法により、ウイルスの吸入と、露出した粘膜へのウイルスの沈着の両方による感染を減らすことができます。
汚れた手や表面からの感染は、適切な手指衛生の実践と環境の清浄化によって防ぐことができます。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。