お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

痛みとシビレで歩行時杖が必要な81歳女性 レントゲンMRI異常無し 治療で杖は不要になりました

81歳女性、腰部脊柱管狭窄症の症状で来院されました。

検査で異常が無いんですと訴えられます。

症状

腰から両下肢へのシビレと痛みを訴えられ、歩行時は杖が必要です。

病院でレントゲンやMRIの検査をしましたが、異常は無いとのご託宣です。

医師も首をかしげる症状です。

痛み止め(ロキソニン)、シビレ止め(タリージェ)、強い痛みの時の座薬(ボルタレン)を処方されました。

ほんの少し改善しましたが、依然として辛いそうです。

歩くときは座薬を入れるそうです。

初診時の症状

下肢の腱反射、アキレス腱反射、膝蓋腱反射は正常です。やはり狭窄症は無いのかなと思われます。

軽度の足のむくみはありますが、年齢相応です。

治療

マイクロカレント鍼治療、吸角療法、高濃度水素水浴を行いました。

都合、4回で治療は終了しました。

いまだに、膝から下のみのシビレは残っていますが、歩行が正常にできるようになったので、たいへん喜ばれました。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。