お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

COVID-19ワクチンはどちらの腕に打つべきか? 日本感染症学会ワクチン委員会COVID-19ワクチンに関する提言 (第2 版)より

私は両利き手なのでいつも迷います。字を書くのが右なので左手にインフルエンザワクチンは打っています。

第2 版 2021 年2 月26 日によると下記のように解説されています。

接種する腕は、接種部位の疼痛に備えて、利き手ではない側に接種することが望まれます。
ファイザーの臨床試験のプロトコール6)では、接種は利き手ではない腕に接種することになっていましたので、2 回目の接種も1 回目と同側が望ましいと考えられます。
ただし、1 回目の接種部位に著明な局所反応を認めた場合、2 回目は反対側に接種することも可能と思われます。
接種後は注射部位を揉む必要はありません。
LNP に包まれたmRNA は振動などの刺激に対する安定性が十分保証されていないため、不必要な刺激は避けることが望まれます。

ファイザーの臨床試験のプロトコール6)
Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine | NEJM

全文PDF18ページ

一般社団法人日本感染症学会 ワクチン委員会 COVID-19 ワクチンに関する提言 (第2 版)

2102_covid_vaccine_2

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。